光のもとで

第01章 友達 13話

 部活見学のあとにホームルーム等はなく、そのまま、各自部活動ということだった。
 けれども、着物を着てお茶を点てて着物を片付ける……という一連の作業しかしない茶道部は三時半には終わってしまう。
「お着物に慣れてらっしゃらない方は、着付けや着物のたたみ方を教える工程があるからもう少し時間がかかるものなのだけど……。御園生さんはそのあたりのことができてしまうから早くに終わっちゃったわね」
 加納先輩に言われ、そういうものなんだ、と納得した。
 桃華さんは四時からクラス委員の集まりがあるようで、部活が終わるとそこで別れた。
 このあと、私はどこにいるべきなのだろう。
 蒼兄は早くても五時にならないと大学が終わらない。教室は授業がなくなると三十分以内にロックされてしまうので入れない。図書館は虫がいると言うので近づきがたい。図書室は生徒会役員でないと入れない。
 うーん……。
 頭の中に校内地図を巡らす。
「テラスか桜香苑かな?」
 すぐテラスへと向かったものの、人がたくさんいて、とてもじゃないけど落ち着けそうにはなかった。
「やっぱり桜香苑かな……」
 テラスの階段を下りて桜香苑へ向かう。
 芝生広場から桜香苑に入ってすぐのところにあるベンチで問題集を解くことにした。
 未履修分野の課題となっている問題集だ。
 全十二教科で十二冊の問題集をこなさなくてはいけない。
 一冊六ミリくらいの厚さで三十ページ弱。結構なボリュームである。
 普通に考えたら補講時間で終わる分量じゃない。
 家でも学校でも、とにかく時間があればこれに取り組む。そうでもしないと、二ヶ月間以内に終わる気がしない。
「がんばろっと……」
 最初に開いたのは数学。私の得意科目。
 数学ならば、参考書があれば難なく解ける。法則さえわかってしまえば、あとは単純なパズルのようなもの。数学はゲーム感覚で解いていけるところが好きだった。
 どのくらい時間が経ったころだろうか。
「翠葉、こんなところで何しているの? せっかくの白い肌が焼けちゃうわよ?」
 声をかけられて顔を上げる。
「桃華さん、委員会は?」
「ついさっき終わったの」
 時計を見ると、すでに五時前だった。
「ところで、翠葉はどうしてこんなところで問題集を解いているのかしら?」
 心底不思議そうな顔をされる。
「蒼兄……あ、えっと、ここの大学に兄がいるのだけど、その兄が来るのを待っているの」
「あら、お兄さんがいるのね? 新しい翠葉情報だわ」
 ふふ、と笑いつつも、
「……でも、どうしてここにいるの?」
 どうやらここで待っていることが不思議なようだ。
「最初はテラスへ行ったのだけど、人がいっぱいだったから……」
「それでここ?」
「うん」
「その思考回路ちょっと変よ? 普通、図書館って候補があって然るべきだと思うけど?」
 言いながら首を捻られる。その仕草すら美しい。
 見惚れそうになりつつ、
「図書館も考えたのだけど、私、虫だけはどうしてもだめで……」
 苦笑して答えると、
「図書館に虫?」
「うん、悪い虫がたくさんいるのでしょう?」
 悪い虫、つまりは毒虫と考えているわけだけど……。
「……翠葉、それは誰に言われたの?」
「……蒼兄だけど? あと、海斗くんのお兄さんも同意してたかな? だから、森林浴を兼ねて……と思ってここに来たの」
「……なるほど。それにしても、森林浴って発想が女子高生ぽくなくて好きだわ」
 クスクスと笑い出す桃華さん。
「桃華さんはどこへ?」
「これから図書館に本を返しに行くところ」
「……虫がいっぱいのところに? 桃華さんは虫とか大丈夫な人?」
「そうねぇ……。正直、虫はあまり好きじゃないわ。けど、図書館にいるムシくらいなら大丈夫よ。私、叩き潰しちゃうから」
 にこりと可憐に微笑んだ。
 人は見かけに寄らないというのは本当らしい……。
 そうこうしていると、小道の先から歩いてくる人が見えた。
「蒼兄っ!」
 呼びかけると、蒼兄は不思議そうな顔をしてやってきた。
「翠葉、なんでこんなところにいるんだ? また光合成?」
「うん、テラスは人がいっぱいいたからこっちに来たの」
 桃華さんに話したことと同様の説明をすると、
「その子は友達?」
 蒼兄の視線が桃華さんに移る。
「うん、同じクラスの――」
 紹介しようとした矢先、
「簾条桃華です」
 一歩前に出て、桃華さんは自分から自己紹介をした。
「兄の蒼樹です。きっと翠葉がお世話になってるんだろうね」
「今はまだ……。でも、色々と世話し甲斐のありそうな子ですね」
「それはもう……。だからついつい甘やかしちゃうんだけど」
「わかる気がします。私もこの子を悪いムシの中には放り込みたくありませんもの」
 ふふ、と笑う桃華さんに蒼兄は、
「あれ? もうそんな話したの? バレちゃったかなぁ……?」
「いいえ、今もムシが怖くてここで光合成していたくらいですから」
「それは良かった」
 ふたりは私を交えず、そして私には通じない話をしていた。
 なんだか少し疎外感……。
「じゃ、翠葉、私行くわね」
「うん、また明日」
「簾条さんも、悪いムシには気をつけて」
「大丈夫です。私、意外と強いので」
 桃華さんは一礼して桜香苑の奥へと向かって歩き出した。
「またずいぶん格好いい女の子と友達になったな」
「格好いい? ……格好いいよりはきれいな人だと思うけど?」
「そうじゃなくてさ、性格っていうか内面っていうか。そういうのが格好いいと思わない?」
「あ、思う。学年の女帝って言われてるんだって」
「……そりゃまたすごい」
 そんな話をしながら問題集を片付けていると、数人の男子の声がした。
「あ、司発見」
 蒼兄の言葉に反応して振り返る。と、そこには袴姿の弓道部ご一行様が部室棟に引き上げるところだった。
「……やっぱり格好いいな」
 誰に言うでもなく口をついた言葉。
「司のこと?」
「え? あ、うん。昨日、初めて見たときも格好いいなって思ったんだけど、袴姿は似合いすぎてもっと格好良く見える」
「惚れちゃった?」
 蒼兄が私をからかうとき特有の笑みを見せた。
「ちっ、違うっ。そういうわけじゃなくて……。ただ、格好いいなって思っただけだよ。だって、藤宮先輩、基本的に意地悪だし」
「あはは。確かに少し捻くれてはいるかもな。でも、根はすごくいいやつだよ」
 吹き出したくせに、最後は柔らかい表情で笑う。
 藤宮先輩とそんなに仲がいいのかな?
「司! 今日、このあとは生徒会?」
 近くまで来た藤宮先輩に声をかけると、集団から抜けてこちらにやってくる。
「生徒会はありませんが、秋兄の手伝いがあるので……」
「それはご愁傷様」
「御園生さんこそ、帰るの早すぎませんか?」
 え? そうなの……?
「……私のせい?」
 振り返って蒼兄に訊くと、
「……司は昨日から余計なことばかり言うな」
 苦笑を見せたあと、蒼兄は私に向き直る。
「翠葉、安心していいよ。主要な講義やゼミ、実験にはちゃんと参加してるから。ただ五月いっぱいは五時で帰れるように調整させてもらってるんだ。その分、押し付けられるレポートが半端ないんだけどね……。だから、翠葉はなるべく早くに課題を終わらせて生徒会に入ろうか? そしたら俺は安心して秋斗先輩に翠葉を預けられるようになるから」
「……秋兄、いつから託児所なんて始めたんだか」
「蒼兄……課題の道のりはまだまだ長いよ。それに託児所って……藤宮先輩ひどい」
「あぁ、悪い。つい本音が……。それじゃ、お先に失礼します」
 涼しい顔で去っていくのを見ながら、
「蒼兄……藤宮先輩は格好いいのにひどい人だね?」
 同意を求めると、言葉遊びのような一言が返ってきた。
「ひどいけど格好いいよね」と。



Update:2009/05/03  改稿:2017/05/09



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover