光のもとで

第01章 友達 16話

 体調に異変を感じたのは七限を受けている最中のことだった。
 でも、まだ大丈夫……。
 八限は未履修分野の補講時間だから、自分のペースで問題集を解いていくのみだ。
 そう思って補講が行われる教室へと移動した。
 この時間が終わったら蒼兄に連絡を入れよう。病院へは連れて行ってもらおう。
 動作はゆっくり、それさえ守れば保健室までたどり着けるはず。
 数学の最後のページを終わらせると、さほど頭を使わなくてすむ教科を探す。
 現国、かな……。
 ぼーっとする頭を片手で支え、ゆっくりと問題を解いていく。その途中、自分の体調分析を試みた。
 身体が熱いのはきっと発熱をしているから。椅子に座っているのがつらいのは血圧が下がり始めているから。
 時計を見ればあと二十分もある。
 早く……早く終わらないかな。
 頭の回転がひどく落ちていて、二十分もあったのに現国の問題集は一ページも進めることができなかった。
 補講時間に解放されると蒼兄に連絡を入れるため、制服のポケットに手を入れる。しかし、手に触れるものは何もなかった。
 かばんの中だっただろうか。
 朦朧としながら携帯を探すも見つからない。
「あ……」
 すっかり忘れていたけれど、携帯は司書先生に預けていて、今は手元にないのだ。

 体育の時間、体育教官室へ向かう途中で司書先生に会った。そのとき、
「翠葉ちゃん、携帯を買ってもらったんだってね」
 と、話しかけられたのだ。
「はい。まだ基本操作しかできないんですけど……」
 言いながらポケットから携帯を取り出した。すると、
「あ、俺のと同じ機種だね。ねぇ、これ一時間ほど預かってもいい?」
「どうしてですか?」
「翠葉ちゃんが好きそうな着信音や、その他もろもろお役立ち情報を入れておいてあげる。機械仕掛けは苦手でしょ?」
 またしても蒼兄情報か、と思いつつ、事実苦手だし頭ぼーっとしているしで、お願いしてしまったのだ。

「……自業自得すぎる」
 どうして体育の授業が終わったときに気づかなかったんだろう。
 否――気づいたところで、図書棟に行っても自分がそこに立ち入れるわけではないのだ。
 そこまで考えてため息をひとつつく。
 どうあっても現況が変わることはない。ならば、蒼兄へのメールは諦めよう。
 とりあえず、二階から一階に下りて、保健室へたどり着けさえすればそれでいい。
 そう思って階段を下り始めると、三階から複数人の声が聞こえ、階段を下りてくる気配がした。
 もしかしたら二年生の授業が終わったのかもしれない。
 私はゆっくりと階段を移動し、邪魔にならないよう端に寄る。
 手すりを握りしめ、自分の身体を支えている間に一行は通り過ぎた。
 少し静かになりほっとしていると、通り過ぎたうちのひとりがこちらを振り返っていた。
 なんだろう……。
 視界が霞がかっていて、人の顔を判別するのは難しい。
 その人影は徐々に大きくなる。それが示すのは、こちらへ向かって歩いてきている、ということ。
「ふらふらしてるけど……」
 声をかけられたと同時、右脇に手を入れられ身体を支えられた。
 この声――
「……藤宮先輩、ですか?」
「そうだけど……。具合悪いの?」
「少しばかり」
 この人の前では弱みを見せたくなかった。けれども、それは虚勢にしか見えなかったのだろう。
「これで少しばかりっておかしいだろ? 御園生さん、程度問題も言葉で表現できないわけ?」
 あぁ、やっぱり意地悪だ……。
 でも、今回は私に非がある。とてもじゃないけど、「少しばかり」という状態ではなかった。
「これから保健室へ行くところです」
 仕方なく行き先を告げると、
「……それなら保健室まで連れていく」
 次の瞬間には身体が宙に浮いていた。
 人とは、足が地についていないと不安になるものなのかもしれない。それ以上に、お姫様抱っこという状況が恥ずかしくてたまらない。
 何よりも、この近距離というか、密着に耐えられそうにない。
 今まで私の周りにいた異性は、お父さんと蒼兄、それから主治医くらいなのだ。
「あ、あの、大丈夫です。歩けます」
「……無理だろ? 視界も怪しい人間を放っていくほど冷血漢じゃないつもり」
 言われて、今度はしっかりと抱えなおされてしまった。
 悔しいことに、その先の記憶はない。

 気がつくと、白い部屋の中で点滴を打たれていた。
 とてもよく見知った部屋。ミントグリーンのカーテンでわかる。
 病院だ……。
 きっと学校から運ばれたのだろう。
 でも……倒れたっけ?
 もう一度目を瞑り、意識が途切れる前のことを思い出す。
 八限はつらいながらになんとか乗り切った。蒼兄に連絡しようとしたら携帯がなくて、最悪保健室にたどり着けさえすればいいと――
 そこまで思い出せば十分だった。
 私は藤宮先輩に運ばれている途中に意識を失ったのだ。
 思い出したら思い出したで、なんとも言えない気分になる。
 人に迷惑をかけた。そして、学校から連絡が入った蒼兄にも心配をかけただろう。
 ふたりを秤にかけるわけじゃないけれど、やっぱり身内ではない分、藤宮先輩に申し訳ないと思う。
 重かっただろうな……。
 意識がない人の身体は恐ろしく重いという。まるで、液状化した人間を運んでいる気分、と蒼兄が言っていた。
 今回はどこで間違えたのだろう。
 最初から学校を休むべきだったのだろうか。それとも、八限を受ける前に保健室へ行くべきだったのだろうか。
 どこで間違えちゃったのかな……。
 熱は何度あるのだろう。
 ひどく喉が渇いていて、唇も熱でカサカサになっていた。
 そこから察するに、三十八度以上はあるものと推測する。

 病室のドアが静かに開く音がした。
 薄っすらと目を開くと、司書先生の姿が見えた。
「気がついた? 気分はどう?」
 どうして司書先生がいるんだろうと思いながら、「大丈夫です」と答える。
「翠葉ちゃん、大丈夫なわけないでしょう?」
 苦笑いを返され、
「筋肉痛みたいに身体が痛くて……少しだけ吐き気がします」
「うん、最初からそう答えればいいんだよ。もう少ししたら蒼樹が来るから」
「……兄は――」
「今、先生と話してるよ」
 それにしても、どうして司書先生がここにいるんだろう。
「『どうして?』って顔だね。それは僕がここにいることかな?」
 訊かれてコクリと頷いた。
「蒼樹が大学から駆けつけるよりも、僕のほうが早くに動けたから。ただそれだけ」
 理由を聞いて心が重くなる。ここにも迷惑を被った人がいたのだ。
 ……自己嫌悪――
 身体を起こし謝罪しようとしたら、鋭く制された。
「何度あると思ってるの? 三十八度五分だよ? さっきまでは三十九度近かったんだから」
「まだ寝てなさい」と言われ、仕方なく寝たまま謝罪することにした。
「すみませんでした……。ご迷惑、おかけして……」
 司書先生はベッド脇にある椅子に腰掛けると、私のことを観察するようにじっと見ていた。
「なーんか、他人行儀だよね」
 不服そうな声で言われたけれど、事実他人なわけで……。
「ま、翠葉ちゃんにとっては、僕は数日前に会ったばかりの人でしかないわけで、他人と言えば他人なんだけどさ」
 そう言う割には不満げだ。
「僕はもう何年も前から翠葉ちゃんの話を聞いていて、昨日今日の知り合いとは思えないんだよね。こっちは全然他人と思っていないのに、相手は思い切り他人行儀。一方通行っていうか、片思いみたいな感覚に陥るよ」
 少しおどけた調子で話される。
 蒼兄は何をそんなに話しているのだろう。疑問に思っていると、
「蒼樹にするように……っていうのは難しいだろうけれど、もっと甘えてくれていいよ? 頼ってくれていいんだよ?」
 そうは言われてもハードルが高すぎる。
「翠葉ちゃんは迷惑をかけたと思っているのかもしれないけど、僕はそうは思ってないから」
「……先生っていうお仕事だからですか?」
 訊くと、司書先生は笑いだした。
「言い忘れてたけど、僕、図書室の司書教諭の資格も持ってるからあそこにいるけど、所属は学園じゃないんだ。僕の本職は学園内の警備だよ」
「警備員、さん……?」
「いや、警備員というわけではないんだ。学校内のセキュリティシステムの管理って言ったらわかりやすい?」
「あ……はい」
「立場的に先生って呼ばれることもあるけど、正確には先生じゃないし職員でもない。生徒会の顧問っていうのは、体よく押し付けられた感じ。ちゃんともうひとり職員が顧問にいるんだけどね、忙しい人であまり顔を出さないんだ」
 そうなんだ……。
「関わる生徒も基本的には生徒会のみ。けど、蒼樹の妹である翠葉ちゃんや従兄弟、兄弟は別。僕のプライベート関係者と認識してるよ。だから、『先生だから』っていうのは当てはまらない、ラジャ?」
 了解、です……。
 けれど、やっぱりここまでしてもらうのは気が引ける。
 もっと、自分でなんとかできるように対策を立てないと……。
「鳴かぬなら、鳴かせてみせようホトトギス」
 司書先生はにっこりと最上級の笑みを見せた。
 ふと思う。この場に飛鳥ちゃんがいたら大喜びするんだろうな、と。
 でも、今の言葉の意味は……?
 ――甘えぬなら、甘えさせて見せよう翠葉ちゃん……かな。
 うーん……やっぱり、どう考えてみてもハードルが高いです。



Update:2009/05/05  改稿:2017/05/09



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover