光のもとで

第02章 兄妹 02話

 試合が始まる直前にギャラリーの数が一気に増した。
 外での試合が粗方終わったのだろう。そして、この試合が準決勝だからかもしれない。
 そう思ったのは束の間で――
「きゃーーーっっっ、藤宮せんぱーーーいっっっ!」
「海斗くーーんっ、がんばってえええっ!」
 ところどころに黄色い歓声が上がる。
 ……もしかして、海斗くんと藤宮先輩って人気があるの?
 そんなことを考えたのはこのときが初めてだった。
 今までそんな話は聞いたことがなかったけれど、ふたりは誰が見ても格好いいと思う。
 藤宮先輩が普段どうかは知らないけれど、海斗くんは誰とでもすぐに仲良くなってしまうし、学年全体と仲良しって感じ。さらには、こういう場で騒ぎやすい雰囲気を持っている。
 声をかけられれば声の方を振り返るし、手を振られれば手を振り返す。その点、藤宮先輩は海斗くんと真逆で、どの声にも反応を見せはしなかった。
 外見も対象的だけど、内面も対照的なのかな?
「海斗、ファイットー!」
 隣の飛鳥ちゃんから大きな声が飛ぶ。その直後、少し離れた場所にいた佐野くんと視線が合ったようで、飛鳥ちゃんはわかりやすく視線を逸らした。
 いつもなら佐野くんも一緒に座っていそうなものなのに、本当にどうしちゃったんだろう?
 佐野くんはバレーとサッカーに出ていたので、この試合は応援。
 少し場所を移動して佐野くんのもとへ行く。と、私が来たことに気づいて座る場所を空けてくれた。
「あ、いいよ。サッカー終わったばかりで疲れているでしょう?」
「でも、御園生立たせておくとクラスの人間にしばかれそうだから」
 にこりと笑うも笑顔に元気がない。
「佐野くん……飛鳥ちゃんと何かあった? 大丈夫?」
 ふたりの間では聞こえても、ほかの人には聞こえないくらいの声で訊く。と、佐野くんは少し困った顔で、
「んー……あったといえばあったし、だからといって何も変わらないと言ったら変わらないし」
 コートを見ている佐野くんの横顔を下から見ていると、
「俺、もしかして心配されてる?」
「うん。……だってふたりとも変だから」
「……そっか。変か。それは良くない」
 言葉を一度区切り、
「あのさ、立花が何か話してきたら聞いてやってよ」
「うん」
「じゃ、変なのは良くないからあっちに行こう」
 佐野くんは私の背中を押して、飛鳥ちゃんと桃華さんが並ぶ場所まで移動した。
 飛鳥ちゃんや桃華さんのところに移動しても、一緒にいるのに変な空気なのは変わらなかった。極力いつもどおりにしているようだけど、飛鳥ちゃんがどこかよそよそしい。
 ケンカしているふうではないのだけど……。
 思わず頭を抱えてしまう。と、
「翠葉、試合始まってるわよ? 応援しなくていいの?」
 桃華さんが意地悪く笑った。
 それはつまり、クラスの応援をするのか藤宮先輩を応援するのか、という笑み。
「……桃華さんの意地悪……」
「あら、心外だわ。私はこんなにも翠葉を愛しているというのに」
 可憐に微笑まれると心まで溶けてしまいそう。
 若干の恐怖を感じながらも、そんな笑顔には慣れつつあった。

 試合はかなりの接戦で、点を取っては取られての繰り返し。
 意外だったのは、細いと思っていた藤宮先輩が、筋肉のついた引き締まった身体をしていたこと。
 弓道って、あんなに身体が引き締まるものなのだろうか……。
 今まで制服姿と袴姿しか見たことがなかったし、「静」と「動」なら色濃く「静」を感じる性質のため、今日のTシャツにジャージという出で立ちは新鮮すぎた。
 やだなぁ……藤宮先輩ってどうして無駄に格好いいんだろう。
 いつか文句を言いたい。「必要以上に格好いいのは反則です」と。
 やっぱり、好きな顔ストライクであることを認めざるを得ないようだ。
「翠葉もっ! 声出して応援しよっ!」
 飛鳥ちゃんに促されるも、どうしてかできない。
「どうしたの?」
「……クラスを応援したら藤宮先輩も応援しないとあとが怖いでしょう?」
 正直に答えると、
「そんなの、どっちも応援しちゃえばいいんだよ!」
 周りの女の子たちに言われ、声出し応援に参加することとなる。
「海斗くんっ、小川くんっ、河野くんっ、鈴野くんっ、瀬川くんっ、がんばってっ!」
 ひとりずつの名前を呼んで応援すると、周りからもちらほら声が上がった。
「小川ーっ! 負けたらバスケ部の恥と思えー!」
「がんばれえええっっっ!」
「いっけーーー!!」
「二年がなんだっ! 次は三年と試合だよっ」
「最後まで勝ち残れーっ!」
「負けたらクラスにジュースおごりーーー!!」
 聞いていると、結構言いたい放題な応援だった。
 それらに紛れ、相手側のただひとりにも声をかける。
「藤宮先輩ふぁいとっ!」
 声が届いたかはわからない。けれど、藤宮先輩はこちらを見て口端を上げたように見えた。
 そんな表情すら格好いいと思う。
 でも、どうしてそんな笑みばかり……? 普通に笑ってくれたらいいのに。そしたらきっともっと格好いい……。
 想像したら遅れて恥ずかしさがこみ上げてきた。
「翠葉……顔、真っ赤だけど?」
 隣にいた桃華さんから指摘され、
「え? あ、そうかなっ!? ちょっと興奮してて熱いかもっ」
 手で両頬を仰ぎ押さえてみたけれど、
「なぁ……御園生って、もしかしてあの先輩のこと好きだったりするのか?」
 佐野くんに訊かれた時点でアウトだった。
「えっと、あの……なんていうか、あの顔が好き? なんか、ど真ん中ストライクで……。あ、嘘、そうじゃなくてっ――」
「くっ……あの顔が好きって。アリだけどちょい失礼」
 佐野くんが背を丸めて笑いだした。
「あの男には失礼すぎるくらいでちょうどいいのよ」
 と、桃華さん。
「え……失礼、かな? そうなのかなっ!?」
 わたわたしていたら、飛鳥ちゃんに「どうどうどうどう」と宥められた。
 結局、その試合は鈴野くんの放ったシュートがカットされたところでタイムアップ。
 四点差で負けてしまった。
 残念だけど、とても楽しい試合だったと思う。
 守りよりは攻めの姿勢を変えずに最後まで戦っていた感じ。何度点数を取られても、「必ず取り返す!」「全力で打ちに行く!」そんな気持ちが目に見えるようなプレイだった。
 ――「Never give up.」
 その姿勢がかっこいいと思う。
「負けた〜」
 言いながら男子が戻ってきても、応援席に文句を言う人は誰もいない。
「お疲れ!」
 と、スポーツドリンクを渡したりしている。
「翠葉ぁ、翠葉が司のこと応援なんてするからだぞー? あのあとの、あいつの動きのいいこといいこと……」
 海斗くんが言うと、ほかの男子も口々に言う。
「ホントだよ。翠葉ちゃん、頼むよぉ、うちのクラスの勝利の女神なんだからさっ」
「ねぇっ!? 藤宮先輩ってあの人何者っ!? 忍者か何か!? 急に目の前に現れて笑顔でボール奪われたんだけどっ!?」
 河野和総こうのかずさくんの言葉に答えたのは桃華さん。一言、「あれは曲者よ」と。
 それを聞いて思う。
 やっぱり敵チームは応援しちゃいけなかったのかな、と。
 そう思っていると、クールダウンした藤宮先輩が近くまでやってきた。
「約束履行ありがとう」
 それだけ言うと、通り過ぎて行く。
「司、てっめ、本気出すなよなっ!?」
 海斗くんが絡むと、
「本気を出しても出さなくても海斗は怒るだろ?」
 面倒くさそうに答える。
「いやーん! やっぱり司先輩って格好いいよねー?」
「サラッサラの黒髪っていうのがまたいい!」
「なんといってもあの笑顔! たまにしか見られないからいいのよねっ!」
 周りの女子が騒ぐ中、
「……やってらんないわ」
 と、吐き捨てた桃華さんの声を私は確かに聞いた。



Update:2009/05/18  改稿:2017/05/17



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover