光のもとで

第02章 兄妹 04話

 昼休みが終わると、桃華さんと佐野くんがクラスに戻ってきた。
 飛鳥ちゃんと佐野くん、大丈夫かな……。
 ふたりを注意深く見ていると、そんな心配は必要なかったことに気づく。
 ふたりはいつもどおりに言葉を交わしていた。
「翠葉どうかしたの?」
「ううん……。桃華さん、午後はどんな具合なの?」
「そうね、まずは外で男子サッカーの試合があるわ。うちのクラスと藤宮司のクラスの試合。それと並行して女子ハンドボールが二年G組と三年A組。それが終わると、桜林館で男子バスケ二年A組と三年A組。女子バレーが一年D組と三年G組。こんなところかしら? そのあと総合優勝が算出されて表彰式よ」
「うちが出るのはサッカーだけかぁ……。お祭り終わっちゃーう」
 ふてくされる飛鳥ちゃんに桃華さんが、
「飛鳥にはトリがあるでしょ?」
「まあね」
 トリってなんだろう?
 不思議に思っていると、
「翠葉。あの男、バスケで残ってるわよ」
 言われてどう反応していいのかに若干困る。
 桃華さんが「あの男」なんて言う人は藤宮先輩くらい。けれども、何か勘違いされている気がしてならない。
「決勝まで残るのってすごいよね?」
 軸道修正するみたいに話の方向を少し逸らす。と、
「残ってるだけじゃだめよ。最後まで勝ち続けないと」
 なんとも桃華さんらしい一言に一蹴されて終わってしまった。
 でも、すごいことだと思う。うちのクラスとの対戦じゃないし応援に行こうかな?
 そんなことを考えていると、
「嫌っていうほど混むから気をつけなさいよ」
 と言葉を見舞われた。
 確かに、準決勝ですら観覧席が埋まる勢いだったのだ。それが決勝ともなればどうなるのかは想像に易い。
 これは無理かも……。

 桃華さんは集計作業がまだ残っていると視聴覚室に戻り、飛鳥ちゃんは委員会の仕事があると走っていった。
 ひとりになった私は次の試合がある外へと足を向ける。
 昇降口を一歩出るとかなり暑いと感じた。
 お昼過ぎはお日様大活躍の時間だし、今日は雲ひとつない快晴。風ひとつないのだから恨めしい。
 でも、せっかくうちのクラスが残ってるんだから見たいな……。
 日陰はないか、と探したところ、桜の木の下がちょうどいい日陰になっていた。けれども、そこからフィールドまではかなりの距離がある。
 昇降口に戻って悩んでいると、佐野くんが階段を下りてきた。
「外、出られそう?」
 首を傾げて訊かれ、思わず傾げ返してしまう。
「どうしようか悩んでるところ……」
 肩を竦めて見せると、
「後ろ姿がすでに『どうしよう?』って言ってた」
 と笑われる。
「やだな、それ」
「……さっき、ありがとう。いてくれて助かった」
「私は何もしてないよ」
「いてくれるだけで救われることがあるって、知ってるでしょ?」
 冷たくて気持ちのいい鉄製の下駄箱に寄りかかりながらそんな話をした。
「それ、何を聴いてるの?」
 佐野くんが持っているミュージックプレーヤーに話を移すと、
「これ? 今はエルレが流れてる」
「えるれ?」
「エルレガーデンって知らない?」
「……普段はインストしか聴かないの」
「聴いてみる?」
 イヤホンとプレーヤーを差し出されてコクリと頷いた。
 イヤホンから流れてくるのはロックのような音楽。でも、うるさいという印象ではなくて、力強いというイメージ。
「この歌詞……好きかも」
「なんの曲?」
 訊かれて、片方のイヤホンを渡す。
「あぁ、いいよね。『Missing』って曲。俺も好き。この曲聞いてるとさ、切ないけどなんだか前向きになれるんだ。エルレの曲全般好きだけど、これはとくに好き」
 一曲が終わるまで佐野くんと一緒に同じ曲を聴いていた。
「聴くならエルレのCD貸そうか?」
「本当っ?」
「うん」
「嬉しいっ!」
「近いうちに持ってくる。じゃ、俺行くわっ! それ持ってて? 聴いててかまわないから」
「ありがとう! がんばってね」
 そう言って別れると、またイヤホンをつける。
 すごくポジティブな歌詞と曲調。
 好きかも……。

 昇降口を出て校庭を眺める。
 やっぱりフィールドの近くには人がたくさん集まっていて、さらには暑そうで行ける気はしない。
「遠くからでもいいかな?」
 応援には変わりないし……。
 ひとりごとを口にしていると、肩を叩かれてびっくりした。
 振り返ると、半身後ろに藤宮先輩が立っていた。
「どれだけ大きな音で聴いてるんだか……。耳を悪くする」
「あ……これ、今預かったばかりなんですけど、少し大きな音で聴きたくなる音楽だったんです」
「聴力落としたくないなら音量は控えろ」
「はい……」
「体調は?」
「大丈夫です。でも、あそこまではちょっと行けそうになくて、ここから絶賛応援中。海斗くんも出てるんですよ」
 砂埃が立っている方を指して答えると、視線を感じてそちらに視線を移す。と、私を見ているのは藤宮先輩で……。
「なんでしょう……?」
「いや、笑うんだなと思って」
「私、そんなに笑わない人に見えました?」
「事実、睨まれこそすれ笑いかけられることはなかったと思うけど?」
 確かにそうかもしれない……。
「少し前に、秋斗さんからもよく笑うようになったって言われました」
 話した直後、藤宮先輩は眉間にしわを寄せて嫌そうな顔をした。
 秋斗さんのお話はタブーなんだろうか。
 言葉の応酬が怖くて私は話をすり替える。
「先輩、お仕事は?」
「今年は一年に優秀なクラス委員がいるから」
 言いながら、私に向けてではなく、どこかシニカルに笑った。

 結局、私たちは校庭からはかなり離れた桜の木陰、階段なる場所に座っている。
 ここからは、かろうじてあれは海斗くんだろう、とわかる程度。でも、参加している気にはなれる。
「やった! 先制一点!」
 たぶん、佐野くんのセンタリングで海斗くんがシュートを決めた。
 やっぱり顔までははっきりと見えなくて、背の高さや全体的な雰囲気で人を見分けるしかない。
「海斗とクラス委員の佐野か……?」
「……たぶんそうだと思います」
 遠くを見ていた目が自分に向く。
「視力悪い?」
 至近距離で意志の強い眼差しを向けられ、すぐさま顔を逸らした。
「この程度のこと……。御園生さんが過保護にしすぎるからだ。……少しは免疫つけたほうがいいと思うけど?」
「……先輩の意地悪っ」
「一応心優しい忠告のつもりだったけど……。よくわかった、翠の俺に対する認識って氷の女王とか意地悪とかそういう類なわけね」
 先輩は言いながら校舎に向かって歩きだした。
 これはもしかしたらずいぶんと根に持たれているのかもしれない……。

「翠葉?」
 先輩が去って行った方向とは逆から桃華さんが現れた。
「桃華さんっ! 集計終わったの?」
「ううん、まだ。飲み物を買いに出てきたんだけど……。今一緒にいたのって藤宮司?」
「うん」
「信じられない……。みんな必死になって集計やってるのにっ。あーーー腹立つっ。……あの男、ほんっとに人を使うことに長けてるのよねっ」
 桃華さんは勢いよくペットボトルの蓋をギリ、と開けゴクゴクと飲み始めた。
 もしかして、「優秀なクラス委員」って、つまりは桃華さんのことを指していたのだろうか。
 想像しつつ、話題を変えることに努める。
「あのね、海斗くんが先制点入れたよ!」
「あら、がんばってるじゃない。うちのクラス、これに勝つと全二十一クラス中で三位よ? 一位や二位は今のところとってないんだけど、逆に四位以下もないのよ。平均して三位以上四位未満。ムカつくことに、一位か二位になるところにあの男のクラスと三年A組がいるのよね……」
 桃華さんから黒々としたオーラーが放たれているようで一歩後ずさってしまう。
「そういえば、翠葉がここにいることクラスの誰か知ってる?」
「え? ……佐野くんが知ってるかも?」
「じゃぁ大丈夫ね」
 何が、と訊こうとしたときにはすでに後ろ姿だった。たぶん、集計作業に戻るのだろう。
「何が大丈夫、なのかな……?」
 不思議に思いながら、桃華さんの姿が校舎の中に消えるのを見届けた。

 ゲームは後半戦も連携プレーがうまくいって二点取り、相手チームには一点も許さず勝ちを決めてしまった。
 すごいなぁ……。
 うちのクラスは運動神経のいい人が集まっているのかな?
 のんきに眺めていると、試合終了の挨拶が終わった佐野くんと海斗くんが校舎目がけて最短距離で走りだした。
 どうしたんだろう?
 ゲームが終わった直後なのに元気がいいなぁ……。
 ふたりとも全力で走っているのだろうけれど、やっぱり佐野くんのほうが速い。
 少しずつ少しずつ差が広がっていく。
 久しぶりに人が走っているところをじっくりと見た気がした。
 人の走る姿はきれい。真っ直ぐ、視線の先を目がけて走る様はとてもきれいだと思う。
 私のすぐ近くまで来ると、佐野くんが海斗くんに声をかけた。
「じゃ、御園生頼むっ」
 と。
 佐野くんはスピードを緩めることなく昇降口へと向かう。海斗くんが私のところに着くと、
「翠葉、桜林館の場所取り行くよっ」
 え……?
「走らなくていいし、焦んなくていいからっ。佐野が先に行って場所取ってくれてるはず。でも、急ぐっ」
 状況はわからないけれど、とりあえず急ぐ。すると、後ろから「うおおおおおお」と声が聞こえて来て振り向いた。
 そこには、全校生徒が桜林館に向かう地獄絵図があった。
「何、これっ」
「全校生徒による魔の徒競走っ。翠葉、悪ぃっ」
 海斗くんはひょいっと私を横抱きにして走りだした。
「無理無理無理無理っ。海斗くん、下ろしてっ。先に行ってくれていいからっ」
「いや、それこそ無理っ。あんなのの渦中に翠葉置いてったらクラスの人間に吊るし上げ食らう。っつか、桃華が怖ぇっ」
 私はそのまま荷物よろしく桜林館まで運ばれてしまった。
 館内はパラパラと人がいるくらい。その中で、佐野くんが二階中央の最前列と二列目を十五席ずつ押さえてくれていた。
「無事到着おめでとう! じゃ、バトンタッチ」
 佐野くんは海斗くんとハイタッチを交わして桜林館から出ていった。
「佐野くんはどこへ行っちゃうの?」
 サッカーが終わったあとは魔の徒競走、そしてまた走っていってしまった。なんか全然休んでないように思うのだけれど……。
 左隣で海斗くんがしゃがみこんで息を整えていた。
 けれども、上がっていた息はすでに落ち着きを取り戻し始めている。
 すごい回復力……。普段から運動しているとこうも違うのだろうか。
「佐野はまだ集計が残ってるんだって。俺よりも足速いからさ、とりあえず場所取りに走ってもらった」
「……そうだったのね。お疲れ様」
 佐野くんが出て行ってすぐに桜林館の入り口三ヶ所が人で溢れ返った。
「うわ……すごい」
「だろ? もうさ、これは中等部からの恒例行事みたいなもんなんだ」
 まだ半分も人が埋まっていないのに、うちのクラスは早くも集まり出している。
「翠葉ちゃん、サッカーの試合のときどこにいたのー?」
 ゼーハーゼーハー全身で呼吸をしている希和ちゃんに訊かれる。
 おでこ全開ですごい汗。
 私はチビバッグに入れていたタオルで額の汗を拭いてあげながら、
「昇降口前の桜のところ……」
「あーーーっ! 見っかんないわけだ」
 クラス全体が疲れきっていた。
「いやさ、俺たち全然見つけられなくてさ、唯一、佐野だけが知ってたんだけど、試合終了するまで全然わかんなくてさ」
 と、桃華さんの後ろの席の和光宗紀わこうむねのりくん。
「試合終了間際に佐野が海斗と自分がピックアップするからって言ってくれて安心したよぉ」
 と、サッカーの試合に出ていた瀬川英介せがわえいすけくん。
「じゃないと、俺ら簾条に何言われるかわかんねーもんな」
 クラス全体がカラカラと笑う。
 ……桃華さん。私がいないところで恐怖政治か何かされていますか?
 そんなことを思いつつ、桃華さんが別れ際に言っていた言葉を思い出し、なんとなく納得した。
「もう、翠ちんちっこいからさ」
 飛鳥ちゃんと同じくらい背の高いバスケ部の鹿島理美かしまりみちゃんに言われる。
 全部の試合が終わって疲れているところ、観戦しつつ自分を探してくれていたことがひどく嬉しくて、心がほわっとあたたかくなった。
「探してくれて、ありがとう……」
 周りにいる人にしか聞こえないくらいの声だったのに、
「翠葉も応援お疲れー」
 と、ところどころから声がかかる。
 一通りもみくちゃされてから、海斗くんのもとに行く。
「あのねあのね」と内緒話するみたいに近寄ると、「ん?」と背の高い海斗くんが屈んでくれた。
「こんなに楽しい球技大会は初めて!」
「良かったな! でも、これが普通!」
 お日様みたいな笑顔で言われる。
「翠葉、英語は得意?」
 急に訊かれてびっくりする。
「実はものすごく苦手」
「じゃ、一個覚えようよ! Union is strength! 意味は『団結は力なり』」
 ――「Union is strength.」
 団結は力なり――
「……かっこいいね。うちのクラスみたい」
「だろ?」
 頭をくしゃくしゃとされたけど不快感はゼロ。
 こんなに楽しい学校行事は初めて。
 この高校に来て良かったっ!



Update:2009/05/18  改稿:2017/05/17



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover