光のもとで

第02章 兄妹 10話

 昨日、あれほど盛り上がった球技大会だけど、翌日の今日にはみんなの切り替えはすっかり済んでいた。
 朝のホームルームまでは会話を楽しむ姿も見られた。けど、ホームルームが終われば相変わらずの勉強熱心さ。
 それもそのはずで、来月の半ばには中間考査がある。
 そして私たち外部生は、五月中旬から未履修分野のテストが始まる。……といっても、未履修分野は各々のペースで、ということもあり、テスト日が決まっているわけではない。各自、課題が終わった人から順にテストが始まるのだ。
 試験問題はコンピューターで算出された問題なので、ひとりひとりが違うテスト内容になる。
 同じ問題でも数字が違うとか、かなり細部にこだわりがあるプログラミングをされているらしい。それによって問題の流出を防ぐことができるのだとか。
 六月末から七月にかけて期末考査があり、七月には全国模試がある。これらのテストで学年順位が割り出されるそう。
 本当に、テストの多い学校だと思う。
 だからといって、イベントが少ないかといわれたらそうでもない。
 五月下旬には「校内展示」という写真展示会があるし、六月には生徒会就任式と生徒総会があり、七夕には生徒会主催のイベントがあると聞いた。そして、そのあとには陸上競技大会。
 この慌しい学校行事の中、当然部活動もあり、部によっては試合や大会だってある。
 そこでそれなりの成績を修める人が多いのも事実。
 この学校の生徒は文武両道を地で行く人が多すぎやしないだろうか……。
 曲がりなりにもその学校の生徒である自分に、なんの取り得があるのか――と悩むこともしばしば。
 とりわけ、今はインターハイ予選前でみんな部活動のほうに比重が傾いているよう。
 隣の席の飛鳥ちゃんはとても眠そうに授業を受けていた。けれども、授業が終われば猛ダッシュで部室棟へと駆けていく。
 それは飛鳥ちゃんだけではなく、ほかの運動部の人たちも同じ。今はホームルーム後に雑談する姿は見られない。
「じゃぁ、前日にでも連絡するわ」
 桃華さんに言われて頷いた。
「桃華さん、ありがとう……」
「最近は色々と話してくれるようになったと思うのだけど……」
 ため息混じりに笑われる。
「まぁ、人ってそんなに簡単に変われるものじゃないし、少しずつ話せるようになればいいんじゃない?」
 こんなときに見せる笑顔は私をほっとさせてくれる。
「桃華さん……私はみんなに色んな気持ちをもらってばかりで、いつも何かから守ってもらっている気がするの。でも……私はそれに見合う何かを返せているのかな……」
「……少し、歩かない?」
 桃華さんに誘われ桜香苑へと向かった。

 昇降口で靴を履き替え、部室棟の脇を通り抜けて桜香苑に入る。
 今日は日差しが強いものの、風が適度に冷たくて気持ちがいい。
「翠葉は難しく考えすぎなのよ。みんなやらなくちゃいけないと思ってやってるわけじゃないわ。みんなが翠葉を守ろうとするのは守りたいと思うからよ? やりたくもないことを率先してやる人なんていないのよ」
 そう言って、木陰にあるベンチに座る。
 なぜかこのベンチの脇にだけリスの形をした小さな石造いくつか置いてあって、私のお気に入りの場所となっていた。
「ただ、翠葉って子がみんな好きなの。だから仲良くなりたいと思うし、困っていれば助けたいと思う。何も不思議なことじゃないでしょう? すごく当たり前のこと。……知ってる? みんな翠葉が笑うとその日はラッキーデーか何かと勘違いしてるって」
「えっ? それは申し訳なさ過ぎるよっ。私の笑顔なんて希少価値もなければなんの効力もないのに……」
 言葉尻が小さくなると、桃華さんに再度ため息をつかれた。
「私は翠葉の笑顔が好きよ? こぉ……ふにゃっとした感じで、見ると程よく力が抜けるのよね。それって魔法と同じようなものだわ。どんなに緊張した局面でも翠葉の一言で場が和むこと、球技大会で何度も見たわ。……もっと自信を持ちなさい」
 桃華さんの真っ直ぐな目にゾクリと肌が粟立つ。
「私ね、自分を卑下する人って好きじゃないの。ましてや、私の友達なのよ? 自信がないなんて、私に対する侮辱だわ」
 極論を展開されて少し戸惑った。戸惑ったけれど――
「自分に自信を持つのはまだ少し難しくて……。でも、自分を卑下することはやめる努力をしてみる……」
 勇気を振り絞って桃華さんの目を見る。と、
「翠葉の素直さは人が真似しようと思ってできることじゃないわ。それこそ、誇るべきものだと思うけれど?」
 桃華さんはベンチから立ち上がり校舎の方へと視線を向けた。
 何かあるのかと振り返ってみると、
「藤宮先輩……?」
 袴姿の藤宮先輩が部室棟から出てきたところだった。
 こちらに気づくと、小道を逸れて芝生の中を突っ切ってくる。
「藤宮司、あなたのそのむかつくほどの自信を翠葉に分けてあげてくれないかしら? 足して割るとちょうどよくなりそうなのよね」
 先輩は訝しげな表情で、
「話が見えないんだけど」
「翠葉から聞けば? じゃ、私、梅林館に寄ってから帰るわ。またね」
 桃華さんはにこりと笑い、手をヒラヒラさせて歩き出す。
「ちょっと待って」と言う間もなく、桃華さんの後ろ姿はどんどん小さくなっていった。
「で、自信が何?」
「あ、えと……」
 改めて先輩を見ると、「確かに」と思った。
 先輩はいつも自信満々に見えるし、その秘訣を聞いてみたい気はする。
「翠?」
「……先輩の、その自信はいずこから……?」
「……自信なんて積み重ねの賜物だと思うけど? 試験でいい点採るのもそれなりに勉強をしているからだし、弓道で結果を残すのも日々の鍛錬がものを言う。自信ってそういうところから生まれるものだと思うけど」
 先輩らしい簡潔な答えは胸にストンと落ちた。
 そうか……私、まだ努力が足りないんだ。
「なんの話なのか見えないんだけど……」
「……わからなくて問題ないです。ところで先輩、インターハイの予選が四日にあるって聞いたんですけど、時間を教えてもらえますか?」
 一瞬にして、先輩の眉間にしわが寄る。
「なんで?」
「応援に行きたいから?」
「ふーん……どうして?」
 どうして……?
 あれ? 応援に行くのに理由って必要だったっけ? 強いて言うなら――
「行きたいから? ……あれ、何か違うかな。……先輩が弓道をやっているところを見てみたいから?」
「……四日の午前九時から」
 かばんから手帳を取り出し書き込む。
「海斗の試合も見に行くの?」
「はい。あと、佐野くんの短距離も」
「なるほど……。じゃ、俺は部活行くから」

 その日の帰り、
「蒼兄、ゴールデンウィークに佐野くんたちのインターハイ予選を見に行くことになったよ」
「……幸倉運動公園?」
「そう。二十九日に佐野くんと海斗くんの試合があるの。四日の午前には藤宮先輩の弓道の試合」
「今、弓道場の近くは藤がきれいに咲いてるよ」
 幸倉運動公園は家の裏にあると言っても過言ではない。
 蒼兄が毎朝走りに行く運動公園で、去年私が倒れた場所でもある。
 かなり広い敷地面積に充実した施設が整っている。
 公園内には屋内施設として大体育館、小体育館、多目的ルーム、トレーニングルーム、柔道場、剣道場、弓道場を併設した巨大な体育館があり、その隣には屋内プールがある。
 屋外には陸上競技場だけではなく、サッカー場にラグビー場、野球場と砂入り人工芝テニスコートが六面、壁打ちボード全天候型二面。当然、夜間照明付き。
 うちから歩いて三分ほどで敷地内に入れるものの、体育館までは歩いて十五分ほどかかる。
 ちょっとしたお散歩にはもってこいの場所だし、緑が多くて好きだけど、私が行く場所は限られる。
 人の出入りが激しい体育館や陸上競技場近くには近づかない。
 同級生に会わないようにそれらの施設を避けると、芝生広場や花壇が多いところばかりになる。だから、弓道場近くに藤が咲いていることなんて知らなかった。
「藤と言えば……今、一、二年棟と三文棟の間にある中庭が、とってもきれいなの」
 先日飛鳥ちゃんとお弁当を食べたときのことを思い出す。
「あぁ、この時期は花盛りだな」
 蒼兄も思い出したかのように笑った。
「ねぇ、蒼兄……恋ってどんな?」
 飛鳥ちゃんや佐野くんのことを思い出して訊いてみると、運転席の蒼兄は手に持っていたブラックコーヒーを落とした。
 すぐに回収したので、それほど零れてはいないけれど、
「せっかくの白いシャツが茶色くなっちゃったね。ブラックだからベトベトはしないかもしれないけれど……。おうちに帰ってすぐに染み抜きすれば取れるかな?」
 助手席からハンカチを差し出すと、蒼兄が私を見たまま固まっていた。
「蒼兄?」
 ――プップー。
 後続車に催促されてはっとする。
「蒼兄、青っ! 信号、青っ」
 急いで発進するも、
「……何? 誰か気になる人でもできた?」
 蒼兄はシャツの汚れを全く気にしていなかった。
 なんて気の毒なシャツだろう……。
 しょうがないから私が拭くことにした。
「そんなのどうでもいいから」
 と、拭く手を止められる。
「でも、この白いシャツよく似合うのに……」
「シャツの話は置いておいて、翠葉、好きな人できた?」
 あまりにも食いつき良好な蒼兄にびっくりしながら、
「私じゃなくて……蒼兄、内緒だよ? 佐野くんがね、飛鳥ちゃんのこと好きなの。でも、飛鳥ちゃんは秋斗さんが好きで、それを知ったうえで佐野くんは飛鳥ちゃんに告白して断わられて……ということが球技大会の日にあって、なんとなく訊いてみただけ」
「なんだ……そういうことか」
 全身から力が抜けちゃったような声で言われる。
「なんかね、それを見ていてちょっといいな、っていうか……心がほんわかあたたかくなったの。だから、恋をしている人はどんな感じなのかなって思っただけ」
 もし、恋をしたらどんな気持ちになるのだろうか、と。
 それは小説で読むような、言葉で表せられるものだろうか。
「そうだなぁ……。たぶんさ、その人が側にいれくれるだけで嬉しかったり、幸せだったりするんじゃないかな。で、あまりにも自然で当たり前と思っていると、気づいたときには失っている、とかね」
 なんだか小説に書いてあることとは少し違う意見だ。
 小説には甘く切なく、夢のように幸せな言葉がたくさん綴られている。でも、それを見たところで形容詞のようにしか捉えられない自分がいた。
 唯一、こうだったらいいな、と思った言葉は――
『恋した瞬間、自分を取り巻く世界がキラキラと光り出した』。
 それは恋をしたときの気持ちではなくて、自分の変化のようにも思う。
「ドキドキする」とか「胸が高鳴る」とか……。そういうのはたくさん種類があるような気がする。
 だって、先日の球技大会でも、私はすごくドキドキしていた。心臓がフル稼働しているんじゃないか、と思うくらい。
 あんなことは初めて。
 でも、スポーツ観戦のドキドキと恋のドキドキはきっと違う。
「蒼兄の言うそれは家族に似ているね。いつも側にいてくれて、それが幸せで嬉しい。でも、当たり前のようでそうでもない。両親に大きな感謝をしたいときにはもう他界している、とか」
「……そういう本でも読んだ?」
 私はクスリと笑ってコクリと頷いた。
「でもね、その本を読まなくてもわかってたよ。家族がいなかったら、私の人生の真っ白のままだった。それに――家族といつも一緒に過ごせることは絶対に当たり前じゃない……」
 死んだら一緒にはいられない。病気で入院しても離ればなれだ。
「翠葉は色んな意味で、人より多くの人生経験を積んでるな。俺よりもずっと達観してる気がする」
「そんなことないよ。私、蒼兄より七つも年下だし」
「俺だってまだ二十三だ」
 言われて、入学式の日の仕返しであることに気づく。
「ところで……その試合ひとりで行くのか?」
「ううん、桃華さんが一緒。あと、試合が終われば海斗くんも合流できるって言ってた」
「そっか……二十九日ね。その日なら都合つくな。俺も一緒に行っていい? 彼の走り、見たいんだ」
 あ、佐野くんの……。
「佐野くん、喜ぶね。大丈夫だよ。明日、桃華さんから連絡あるからそのときに話しておくね」
 そんな話をしていると、家の前に着いていた。



Update:2009/05/24  改稿:2017/05/16



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover