光のもとで

第02章 兄妹 13話

 あのあと、私はお風呂に入ってすぐに寝てしまったのだけど、蒼兄や静さん、お父さんとお母さんはリビングでお酒を飲んだりなんだかんだとしていたよう。
 今朝、一緒に朝食を摂ると、お母さんたちはすぐに三階へと上がった。
 窓の外はとても天気が良く、試合日和といった感じ。
「洋服、何着ようかな?」
 今日の日中は結構暑くなるみたいだから――白いノースリーブのワンピースに羽織ものを持っていこう。
 このワンピースはシンプルなデザインながらも裾がスカラップ素材なところがお気に入り。
 桃華さんはどんな格好で来るだろう。
 皆が同じ制服を着ている中では大人っぽく見えるけれど、私服だとまた印象が違ったりするだろうか。
「……ふふ、楽しみ」
 ドアを開けると、蒼兄はいつものように新聞を読みながらコーヒーを飲んでいた。
 蒼兄は何を着てもかっこいいからチェック要らず。
 それにしても……昨夜は遅くまで飲んでいたはずなのに、目の前の麗しい兄に二日酔いの気配は見られない。
 きっと今朝も変わらず走りに行ったのだろう。
「そろそろ行くか」
「うん」

 家を出て徒歩十五分で陸上競技場の入り口にたどり着いた。
「しつこいわね……友達を待ってるって言っているでしょう?」
「だからさ、その友達も一緒にどう? あとから来るのも女の子でしょ?」
「本当にしつこいわね……。自分の高校を応援するのに他校の人間と一緒にいるわけがないでしょう」
 桃華さんは男子ふたりに絡まれ、麗しの顔を崩し始めていた。
「ナンパ、かな。翠葉、ちょっとここで待ってな」
 言うと、蒼兄は颯爽と走っていった。
「簾条さん!」
「蒼樹さんっ!」
「遅れてごめんね」
「いえ、まだ待ち合わせ五分前です」
 ふたりはにこやかに言葉を交わす。しかし、男子ふたりが立ち去る気配はない。
 すると、今気づいたような口ぶりで、
「あれ? 彼らは……簾条さんの友達?」
「いえ、まったく知らない人です」
「ふーん……」
 蒼兄が剣呑な視線を向けると、ふたりは肝を冷やしたような顔色になる。
「こいつ、御園生蒼樹っ!?」
「まじっ!?」
「俺のこと知ってるの?」
「や、あの、その――」
「そのジャージ、北陽高校だね。北陽といえば、トレーナーの神谷先生はお元気? あの先生、数年前まで藤宮にいてよくお世話になったんだ。でも、あの先生厳しいだろ。とくに風紀において」
 そこまで言うと、ふたりは血相を変えて走り去った。
 ……この場合、「血相を変えて」よりも、「尻尾を巻いて」のほうがしっくりくる気がしなくもない。
 そんなことを考えながら桃華さんたちのもとへ行き、
「桃華さん、大丈夫だった?」
「私は大丈夫。あと少しでも近付こうものなら投げ飛ばすつもりだったし」
 さすがは桃華さん。
 感心する私の隣で蒼兄はクスクスと笑っている。
「勇ましいのは認めるけれど、簾条さんは女の子なんだから、少しは危機感を持ったほうがいいよ。っていうか、俺たちが少し早くに来て待ってれば良かったよね。ごめんね」
「いえ、肝に銘じておきます。助けていただきありがとうございました」
「さ、観覧席へ行こうか」
「はいっ!」

 フィールド内ではすでにアップが始まっていて、佐野くんの姿を見ることもできた。
 フィールドでストレッチをしていた佐野くんがこちらに気づく。
 手を振ったら振り替えしてくれたのに、その手が途中で止まる。
 きっと、蒼兄が目に入ったのだろう。
 直後、引き締まった顔になる。
 これから神経集中に入る――そんな表情。
 自分の気持ちを切り替えて、神経集中に入るこのときが好き。
 好きというよりも、目を奪われるというほうがしっくりくる。
 ただ、その人が感じている空気を一緒に感じたくなる。
 ……ないものねだりだけど――

 試合が始まるまでの短時間にちょっとした雑談タイム。
 それはお互いが着ている洋服についてだった。
 桃華さんの服装は、黒いポロシャツ風のワンピース。膝が少し見えるほどの丈で、身体に沿うラインがとてもきれいで似合っていた。
 そんな感想を述べていると、佐野くんの一〇〇メートルが始まる。
 スタートラインに立つ佐野くんは、周りが見えないくらいに集中していた。
 パンッ――音と共に走り出す。
 速い……。
 スタートラインから数歩で一気に前へ出た。
 背の高い人は足の長さを利用して、後半でぐんぐん抜きにかかってくる。
 ゴールテープを切るそのときまでは気を抜けない。
 が、後半になっても抜かれることはなく、一位のままゴールテープをカットした。
 すぐに大きな掲示板にタイムが出る。
「インターハイ、決まったな」
 蒼兄が止めていた息を漏らし、口元を緩めた。
「うん、絶対に行くって言っていたから……」
 マラソンもすごいなって思う。でも、十数秒で勝敗が決まってしまうこの競技が一番好き。
 蒼兄がやっていたらからそう思うのか――
 普段何気なく過ごしてしまう時間にすら満たない秒数。コンマいくつの世界で戦っている人たち。
 その一瞬とも思える時間に最大限の力を発揮する。
 人が輝く瞬間っていうのかな。それがとてもダイレクトに見える競技だと思う。
 ストレッチを終えた佐野くんがこちらへやってくる。
 右手の親指を立てて、「やったよ!」って顔。
 飛鳥ちゃんに見せてあげたかったね。
 彼女は今、女子テニスの応援でこの場にはいない。
 なんてもったいないんだろう……。

 その後、二〇〇メートルや四〇〇メートルの競技が続き、フィールド内では走り高跳び等、ほかの競技も着々と進んでいた。
 すべての競技が終わるまで、選手はその場を離れられないものだけど、佐野くんは午後一番にある海斗くんの試合を見るために、少しだけ出てくると言っていた。
 昼食は部活のみんなと食べるとのことだったので、私たちはお昼前に陸上競技場をあとにした。
「さて、お昼はどうする? 公園内でホットドッグも売っているし、体育館の中にはカフェもあるけど?」
 蒼兄が言うと、桃華さんが手に持っている少し大きめの籐かごを持ち上げた。
「お弁当作ってきたので、どこか日陰で食べましょう?」
 言いながら、うっとりするような笑顔を向けられた。
「簾条さんはなんでもできちゃうんだな。言ってくれれば荷物持ったのに。重かったでしょ?」
「食べるときまで知らせずにいて、びっくりさせるのが楽しいんじゃないですか」
「でも、知ったからには持つよ」
「それじゃ、お言葉に甘えて」
 笑う蒼兄と桃華さんのツーショットがとても様になって、「お似合いだな」と思った。
 そういえば、蒼兄の彼女さんの話とか聞いたことないかも……。
 いつだったか、出かける蒼兄にどこに行くのか尋ねたら、「デート」という答えが返ってきたけれど、それがいつのことだったのかすら思い出せない。

 陸上競技場から十分ほど歩くと、体育館がある区画に入った。
 その区画の一番端に弓道場があり、その裏手に藤棚があるとのこと。
 今が見頃だというので、そこで食べることにしたのだ。
 藤棚は大きくないものの、その下に入るとちょうどいい木陰で芝生がひんやりと冷たくて気持ちが良かった。
 上を見れば薄紫の房がいくつもぶら下がっている。
「きれい……」
 ため息が漏れるほどだった。
 でも、藤を見るといつも思う。写真に撮るのは難しいな、と。
「翠葉、写真撮らなくていいのか?」
 蒼兄に訊かれるも、私は首を振る。
 一眼レフカメラは持ってきているけれど、これは撮れない……。
「構図が思い浮かばないの。表現できないと思う……だから、カメラをかまえる気になれない。……見たままを撮れたらいいのに」
 お弁当の用意をしてくれている桃華さんが、「そういえば」という顔をする。
「翠葉はどんな写真を撮るの?」
「主には植物と空と水」
「……らしいと言えばらしいのだけど、それ、どういう選択?」
 桃華さんの返答に蒼兄が笑う。
「きっと、翠葉の前世は葉っぱだと思うんだ。だから、空を見上げてばかりだし、水が好きだし、仲間の植物戯れたくて森林浴やら光合成が趣味!」
「蒼樹さん、かなりファンタジーな世界入ってますけど? でも……それ、なぜか微妙に納得できてしまって……」
 クスクス、と桃華さんが笑った。
「もうっ、ふたりしてひどいなぁ……。ただね、空を見上げるのは好きなの。たくさん葉を茂らせた木の下から空を見上げて、その上にあるであろう光を感じるのが好き」
「「それ、光合成でしょう?」」
 ふたり、示し合わせたように声を揃えた。
「……もう光合成でもなんでもいいです」
 そう言って、話を終わらせようとすると、
「でもね、いい写真撮るよ。翠葉の目にものがどう映っているのか、それがよくわかる。今度見せてもらえば?」
 蒼兄が桃華さんに提案すると、「ぜひ見たいわ」と言われた。

「右から順に鰹節、梅、鮭です。こっちのおかずは適当につまんでください」
 お重に俵型のおにぎりが五個三列に並び、一段目には彩り豊かなおかずが詰まっていた。
 卵焼きにから揚げ、ハムできゅうりを巻いたもの、ミニトマト、ジグザグに切られたゆで卵、ほうれん草の胡麻和え。
 飲み物はさっき、自販機で蒼兄が買ってくれた。
「うわぁ……美味しそうっ! いただきますっ」
「俺も、いただきます」
「どうぞ、召し上がれ」
 三人でお弁当を頬張る。どれも薄味でとても食べやすい。
「どう?」
 少し不安そうに訊かれたけれど、「とても美味しいです」以外の言葉が出ない。
「桃華さんは薄味好み?」
 気になって訊いてみると、
「そういうわけではないけれど、いつもよりは薄味になるようにしたから少し自信がなくて……」
 そう言ってはにかむ桃華さんがとてもかわいかった。
「もしかして……翠葉のこと気にかけてくれたの?」
「少しだけ……。ほら、いつもお弁当は持参だし、学校の自販機でお水以外を買っているところ見たことないし、胃が弱いって聞いていたので……」
「あ……気を遣わせてしまってごめんなさいっ」
 口に入っていたものを慌てて飲み込んで謝罪した。
「ちょっと! 食べ物はよく噛んでから飲み込むっ! せっかく薄味にしても意味がないでしょう?」
「ごめんなさい……」
「くっ……本当に、簾条さんには頭上がらないな」
 蒼兄がくつくつと笑う。
 私は頭が上がらないどころか、足を向けて眠ることすらできそうにない。
「翠葉? これは私がやりたくてやったことよ? ここで気に病まれたら意味ないからやめてよね」
 桃華さんに先手を打たれる。
 先日の言葉と相まって、私は嬉しさに頬を緩ませた。
「桃華さん、大好きっ!」
 抱きつくと、
「飛鳥病が感染したのね……」
 と、冗談ぽく眉をひそめて見せた。



Update:2009/05/26  改稿:2017/05/19



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover