光のもとで

第02章 兄妹 18話

 あれから一眠りすると、次に目が覚めたのは夕方の六時を回ったころだった。
「もう夕方なのね……」
 一日寝て過ごしているのに、時間が経つのが早く感じた。
 体温は何度まで下がったのだろう。
 サイドテーブルに置かれていた体温計で熱を測ると、
「三十七度八分……」
 ベッド脇のモニターに表示されている血圧は八十の五十八。
 血圧の数値はいつもと変わらないものの、まだ体温が下がりきってはいなかった。
 確か、午前中に紫先生が三十七度前半なら今日帰ってもいいと言っていたけれど、三十八度ならもう一泊と言われた気がする。
「これはもう一泊かな……」
 諦めて窓の外に視線を移す。
 ちょうど夕暮れどきで、空が茜色に染まっていた。
 ここにカメラがあったら写真撮るのにな……。
 残念ながら、カメラも携帯も何もない。
 きれいだなぁ、とぼんやり見ていると、ドアをノックする音が聞こえた。
「はい」
 ドアのほうをじっと見ていると、
「ほら、とっとと入る」
 と、秋斗さんに背中を押され蒼兄が入ってきた。
 ちょっと困った顔をしながら、「熱、下がったか?」と訊かれる。
「うん。三十八度は切ったよ」
「そうか……」
 声だけを見れば安堵したような響きだけれど、顔を見てしまうとなんとも言えない気持ちになる。
 前の気まずさを互いが引き摺っていた。
「熱のせいかな? いつもよりも顔色がよく見えるよ」
 秋斗さんは笑いながら近づいてきた。
「秋斗さん、この装置、ありがとうございました」
 病院で用意されたサムイのようなパジャマの袖をまくり、バングルを見せる。
「いいえ、お役に立てて何より。……というより、ひとつ謝らないとね」
 申し訳ないと言った感じで肩を竦める。
「前、翠葉ちゃんから携帯を預かったとき、無断でGPSを仕込みました。ごめんなさい」
 ペコリ、と直角に腰を折る。
 私はと言うと、確か湊先生がそんなことを話していたな、というニュアンス。
「でも、一度も起動してないって聞きました。私や蒼兄を心配してのことだったのでしょう? それなら謝る必要ないです。謝らないでください」
「でも、プライバシーの侵害になることだからね。お詫びと言ってはなんだけど、何かひとつ、なんでもお願いを聞くよ」
「でも、こんなすてきなバングルいただいてしまったし……。それでおあいこっていうか……」
「こんなことでもないと、翠葉ちゃんからお願いしてもらえる機会はそうそうなさそうだし、そのバングルは一ヶ月近く早くなっちゃったけど、翠葉ちゃんへの誕生日プレゼントでもあるから、おあいこの対象物としてはいささか相応しくないんだよね」
 そう言われてしまうと悩む。
 お願い、かぁ……。これと言ってないんだけどな……。
 蒼兄は少し離れたソファに座り、秋斗さんはベッド脇にある椅子に腰掛ける。
「何かない? どこかに行きたいとか」
 行きたい場所……。
「それなら、森林浴、かな?」
「……森林浴って、あれだよね? 緑がいっぱいのところで……」
「そうですそれです。晴れた日に森林浴に行きたいです」
「いいけど……。本当にそれでいいの? 遠慮してない?」
 すると蒼兄が口を開いた。
「先輩、何度も話したでしょう? 翠葉の一番の楽しみは森林浴だって……。どこかに連れて行ってもらえたら、ずっと写真を撮ってるか、ハープを弾いているか、ゴロンと昼寝するか。本当に光合成そのものですから」
「わー……あれ、本当だったんだ?」
 秋斗さんは目を丸くしながら蒼兄から私へと視線を戻した。
「変わった趣味だね?」
 そうは言いつつも快諾してくれる。
 蒼兄はまだソファに座っていて、こちらに来る様子はない。
 どうしよう、と思う。
 ふたりきりになったら、さっきの重い雰囲気になってしまうんじゃないかと不安になる。
「……蒼兄」
 声をかけると、ソファから立ち上がりベッド脇に来てくれた。
「あのね、ケンカしたわけじゃないけど、でも……ちゃんと仲直りしたい」
 蒼兄は無言でベッド脇まで来ると、身体を起こしいつものように両腕でぎゅっと抱きしめてくれた。
 蒼兄の腕の中は落ち着く。
 安心できる場所……。この場所を失いたくないと思う。
「なんかさぁ……面白くないなぁ」
 秋斗さんの声が聞こえて、私と蒼兄は秋斗さんに視線を移した。
 秋斗さんはとても不服そうな顔をしていて、
「僕だって、ぎゅっとするくらいいつでもするのに」
 これはなんだろう……。
 拗ねているようにも冗談のようにも聞こえる。
 でも――
「これは蒼兄限定です」
 そう言うと、秋斗さんはさらに面白くなさそうな顔をした。

 コンコンコン――
 蒼兄と秋斗さんがここにいるとなると、病室を訪ねてくるのは湊先生か紫先生しかいない。もしくは看護師さん。
 蒼兄が「はい」と答えると、ステンレストレイを持った湊先生が入ってきた。
「先生、帰ったんじゃ……」
「一度帰ってちゃんと寝てきたわよ?」
 そう言われてみれば、今朝着ていた洋服とは違う。
 いつもパンツルックなのに、珍しく膝丈のスカートをはいていた。
「スカートはいてればそれなりに女性らしく見えるのに」
 秋斗さんが言うと、すかさずその頭をはたく。
「熱は三十八度切ったのね。でも、まだ少し高いか……。秋斗邪魔、点滴変えるからどいて」
 長い脚で秋斗さんを蹴散らす。
「これ一本で三十七度前半までは落ちると思うけど……。うん、血圧の数値も悪くないし不整脈も出てない。九時ごろには帰れると思うけど、どうする?」
 訊かれて困る。
「どうしたらいいでしょう……」
「ま、どっちでもかまわないわよ。ここにいれば明日の朝までは点滴打てるし、そのほうが回復は早いかもしれない」
「じゃ、もう一泊することにします」
 その返答に、蒼兄が驚いたようだった。
 それもそのはず――私はいつだって早く家へ帰ることを望んでいたのだから。
「四日の試合に行きたいから?」
 訊かれて、「はい」と頷いた。
 その会話に秋斗さんが入ってくる。
「四日って、司の試合のこと?」
「はい。午前九時からって聞いていて、幸い、会場がうちの裏手にある運動公園の体育館だったので」
「それ、僕も行こうかな? 翠葉ちゃんひとり?」
「いえ、桃華さんが一緒です」
「じゃ、なおさらだ。かわいい女の子をふたりでなんか歩かせられないからね」
 その意図が読めなくて不思議に思っていると、
「ボディーガードになってあげるよ」
 とっびっきり甘い笑顔を添えて言われた。
 そう言われてみれば、と思う。先日、桃華さんは絡まれていたから。
 私では蒼兄のように追い払ってあげることはできないし……。
「それじゃ、お願いします……。桃華さん、美人だからどうしても人目引いちゃうみたいで……」
 蒼兄に同意を求めると、心なしが苦い笑いを浮かべて「そうだな」と口にした。
「秋斗先輩が一緒なら俺も安心」
 言いながら、後ろのソファへと戻る。
 なんとなく――なんとなくだけど、蒼兄との距離を感じる。
 気のせいかもしれないけど、でも、どうしてか悲しい。
 おかしいな……。自分から少し離れようと決意したばかりなのに……。
 やっぱり、十六年間ずっと側にいた人から離れるのは容易なことではないのかもしれない。
 でも、蒼兄はなぜ私と距離を置こうとしているのだろう。それがとても気になる。
 結局点滴を打っても夜九時の時点では三十七度五分あった。
 それでも昨日一昨日のことを考えればずいぶんと下がって楽にもなった。
 夕飯も五分粥を食べることができたし、胃のほうも落ち着いてきているのだろう。
 具合が悪いときと言うのは、どんなに寝てもまだ眠れるようで、それが不思議。
 九時の消灯時間には難なく眠りにつくことができた。

 翌朝、六時の検温やバイタルチェックで目を覚まし、七時過ぎには朝ご飯が出てきた。
 消化のいいものがセレクトされていて、すべて残さず食べることができた。
 うん、自分でもだいぶ回復したと思える。
 これなら今日おうちに帰っても大丈夫そうだ。
 そういえば、たった二日だけれど栞さんに会っていない。
 帰ったら謝らなくちゃ。心配かけてごめんなさい、って。
 携帯も家だし、誰からもメールが届いていないことを祈る。
 私にメールをくれるのは家族とクラスメイトくらいなものだけど、そのどれであっても返信をしなければ心配をかけてしまう気がして。
 家に帰ったら、まずは携帯をチェックしよう……。それにハープの調弦もしてあげないと……。きっと、また音がすごく狂っているはず。
 家に帰ってからすることを頭の中でリストアップしていると、時計は九時を指していた。

 コンコンコン――ノックのすぐあと、蒼兄が入ってきた。
「今日は帰れそう?」
「うん。もう大丈夫」
 普通の会話に思えるけれど、少し違う……。
 いつもなら、「具合はどう?」「大丈夫か?」という言葉が第一声なのに……。
 違和感を気にしていると湊先生が入ってきた。
 モニターのチェックを一通り済ませると、
「もう大丈夫ね」
 と、太鼓判を押してくれた。
 今朝の体温は三十六度五分まで下がっていたからだ。加えて、血圧の数値も八十と六十二といつもの値に安定している。
 点滴の針を外すと、
「かぶれづらいテープ使ってたけど、やっぱり少しかぶれたわね」
 と、赤くなっている肌を指して言われる。
 私の肌はとても弱い。
 テープにもかぶれるし、アルコールの消毒薬もだめ。そのため、いつもアルコールの入っていない消毒薬を使ってもらっていた。
 自分で言うのもなんだけど、本当に面倒な身体なのだ。
「もう精算も済んでいるから、いつ帰っても大丈夫よ」
 言われて、蒼兄とふたり「ありがとうございました」と頭を下げた。
「これ、着替え持ってきたから。着替え終わったら呼んで」
 蒼兄はカーテンを閉めて出て行く。
 いつもと同じようで何か違う。
 それは接し方であったり……距離、なのかな。
 でも、少しずつこの距離感にも慣れていかなくちゃいけないのかもしれない。
 蒼兄を自分から解放してあげたいと思う反面、離れたくないと強く思う自分がいる。
 やっぱり私はわがままで、とても自分勝手なんだ――



Update:2009/06/01  改稿:2017/05/21



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover