光のもとで

第02章 兄妹 20話

 蒼兄はベッドの足元の方に座った。
 この距離ですら不安になる。人、三人分の距離ですら、不安になる。
「そんな顔するな……」
 蒼兄は無理に笑って私のすぐ側、手の届く位置に移動してくれた。
「蒼兄……?」
「ん?」
「……なんでもない」
 蒼兄を前にすると、やっぱり何も言えなくなる。
 結局、どこに視線を定めたらいいのかわからなくて、お布団の上にある自分の手元をじっと見つめていた。
「翠葉……あのさ、俺も気持ち悪い。翠葉が話したいことを途中でやめるの、違和感ある。いつもならなんでも訊いてくるのに」
 思わず蒼兄を見ると、視線が合ってふたり苦笑いを浮かべる。
「やっぱりこういうのがいいよな」
 蒼兄に言われて、「うん」と頷く。
「さっき、湊さんが言ったとおりなんだ。俺は翠葉がかわいくて仕方ないから側にいたいだけ……。たぶん、翠葉がすごい元気な子だったとしてもきっとそれは変わらなかったと思う。そしたら、一緒にスポーツしたり遊園地に行ったり……。今と状況は違うかもしれないけれど、やっぱり仲のいい兄妹だったと思うよ」
 その言葉がとても嬉しかった。
「あのね……私、蒼兄のことを解放してあげなくちゃってずっと思っていたの。いつまでも私みたいなお荷物がいたら自由になれないから……。でも、自分で離れようって決めたのに、なのにね……。たったこれだけの距離ですら不安で仕方なくて――」
 言うと、涙が止まらなくなった。
 いつも私が泣くとしてくれていたように、蒼兄が肩を抱いて背中をさすってくれる。
 このぬくもりはやっぱり手放せない。
「俺から離れていく必要なんてないだろ? 家族だし、世界で唯一の兄妹だし」
「蒼兄はね、私の道標なの。蒼兄が前にいるから私は歩いていける。どんなにつらくても前を向いていられるの。だからね、離れたら道に迷っちゃう……」
「うん……。必要ならこれからも手を引いて歩くから。翠葉がひとりで歩けるようになるまで。だから、無理に離れようとしなくていいよ。……俺も、まだ翠葉から卒業はできそうにないから、お互い様。おあいこだよ。勘違いしないでほしいのは、俺は翠葉が心配なだけで側にいるんじゃないってこと。自分にとって必要な要素だから側にいるんだよ」
「必要な、要素……?」
 身体を少し離して蒼兄の顔を見る。
「どう説明したらいいのかわからないけど、翠葉と話していて救われたことは数知れず……。翠葉は俺を道標って言うけれど、俺にとって翠葉は光みたいなものなんだ。絶対に失っちゃいけない要素っていうか……。お互いに依存してるのかもしれない。でも、今はそれでいいことにしないか?」
 それはひとつの提案のような響きを持っていた。
「依存って、悪いことじゃない?」
「片方だけが寄りかかっているのは良くないかもしれないけど、俺たちの場合は『Give & Take』だと思わない?」
 Give & Take……。
 その言葉がくすぐったく聞こえた。思わず頬が緩むほどに。
 蒼兄も目を細めて笑う。
 私の一番好きな蒼兄の表情。
 良かった……いつもの蒼兄だ。
 もう一度ぎゅっと蒼兄に抱きつくと、蒼兄は笑いながら抱きとめてくれた。
 良かった、このぬくもりを失わずに済んで……。
「だから、消えたいとか思わないでほしい……」
 っ……!?
「……ごめん。病院での湊さんとの会話、ドアの外で聞いてた」
 どんな反応をしたらいいのかわからずにいると、
「俺たち家族にとっては翠葉は負担でも足枷でもないんだ。俺にとっては光だし、父さんにとっては天使なんじゃないかな。母さんにとっては……なんだろう。でも、やっぱりかわいい娘でしかないと思うんだ。その存在がなくなったらって考えると、すごく怖いよ。俺は正気でいられるかわからない。でも、だからと言って、今までみたいにがんじがらめにはしないから」
 そう言うと、私の左腕に手を伸ばす。バングルがはめてあるその腕に。
「これがあるから……。翠葉にこれをはめている限り、最悪の事態にはならないってわかっているから。だから、もっと自由に動いていいよ。……決して無理をしてほしいわけじゃない。でも、もっと好きなことをしていいよ。今まで縛ってばかりでごめん」
 私は、負担じゃない……?
「何、きょとんとした顔して……」
 蒼兄に頭をくしゃくしゃ、と撫でられる。
「だって、私が負担じゃないって言うから……」
「最初から誰もそんなふうには思っていないんだ。翠葉の勘違い。……本当は具合が悪いことも言ってほしいけど、それはもういい。このバングルが教えてくれるから。それで十分。だから、翠葉は今をもっと楽しんでおいで」
 涙が止まらない。これはいよいよ涙腺が壊れたのかもしれない。
「俺たちは、これからも何度だって翠葉の心配をする。それはやめることができない。でも、それを心配と取らないで愛情と思ってくれないか?」
「あい、じょう?」
「そう……。翠葉のことを愛しているから、だから心にかける。心配ってさ、心を配るって書くだろう? それは愛を配ることだと思わない?」
 愛、情……。
「それに押し潰されそうなら、翠葉がもっと俺たちに愛情を返してくれればいい。それで『Give & Take』」
「……それなら負けないよ。だって、私、蒼兄もお母さんもお父さんも大好きだもの」
「だろ? それでいいんだよ」
 また、頭をくしゃくしゃと撫でられた。
「……こんなに簡単なことだったの?」
 誰に訊くでもなく口にした言葉。
「そう、すごく簡単なこと。だけど、人は一度迷うとなかなかそこから出てこられなくなるから……。だから自分以外の人の助けがいるんだ」
 そう、なのね……?
 ずっと苦しくて仕方がなかったのに、一気に心が軽くなって浮上した感じ。
 蒼兄はすごいな……。
「私ね、家族のためならなんでもできると思うの。だから……私は、私にできることをがんばるね」
 言うと、穏やかな笑みを返してくれた。
 蒼兄のその笑顔が見られるなら、私はなんだってがんばれる気がする。
 それだけはきっと気のせいじゃないよ。

「起きられるか?」
「大丈夫」
 ベッドからゆっくりと立ち上がり、蒼兄に手を引かれて部屋を出ると、廊下の先から笑い声が聞こえてきた。
 廊下の先にあるドアを開けると、とても広いリビングダイニングに出た。
 そこにいたのは栞さんと湊先生。
「仲直りした?」
 栞さんに声をかけられ、
「ったく、人騒がせな兄妹よね」
 湊先生は文句を口にするものの、さして迷惑そうな顔はしていない。
「アンダンテのケーキ買ってきたから一緒に食べましょう」
 栞さんに促され、リビングにあるローテーブル前に座る。蒼兄と目配せをし、
「お騒がせいたしました……」
 ふたり同時に頭を下げた。
「別にかまわないけど……。ただ、蒼樹が病的なシスコンなのを再確認したのと同時に、翠葉がブラコンなのがよくわかったわ」
 面白そうに笑われる。
 そこに、ハーブティーを淹れた栞さんがやってくる。
「そうなの。いつも仲が良すぎて妬けるくらいよ?」
 湊先生に苺のタルトを差し出された。
「どうぞ」
 フォークを渡され、カスタードがついた苺を口へ運ぶ。
「……美味しい」
 いつ食べても、頬が緩むほどに美味しいと思う。
「くっ、あんたげんきんね」
 言われてフォークを置いてしまう。
「別に非難してるわけじゃないわよ。食べなさい」
 促されてまたフォークを手にしたけれど、湊先生の視線が気になって食べることはできない。
「食べなさい。あんたが嬉しそうに笑ってたら、周りの人間もそれだけで幸せな気分になれるから」
 湊先生の言うことはよくわからないけれど、記憶の中にある大好きな人たちの笑顔を思い出すだけで、私の心はあたたかくなる。
 つまりはそういうことなのだろうか……。
「溶ける前にいただこう」
 蒼兄に言われ、コクリと頷いた。

 その日の夕飯は湊先生のおうちで四人で食べた。
 途中、蒼兄の携帯にお母さんからの連絡が入る。
『蒼樹っ、翠葉は!? 今日、退院したのでしょう? 携帯には出ないし、家も留守電だしっ――』
 蒼兄が携帯を耳から離して聞いている。
 ……というよりも、ダイニングテーブルに着いているみんなに聞こえるくらい大きな声だった。
「今、学校医の湊さんの家にいるんだ。翠葉も栞さんも一緒」
『翠葉に代わって』
 蒼兄が苦笑しつつ携帯を差し出す。恐る恐るそれを受け取り、
「もしもし……?」
『翠葉!? 大丈夫なの!? そっちに帰りたかったんだけど、どうしても都合がつかなくて――』
「お母さん、大丈夫。蒼兄と栞さんがいてくれたから平気」
『あら……寂しいの一言くらい言ってくれてもいいのに。お父さんとお母さんいじけるわよ?』
 うちの両親がこういうことを言うと、冗談では済まないので困る。
「えぇと……寂しかったです」
『なぁに? その付け足したかのような言い方。で、具合はどうなの?』
「もう熱も下がったから大丈夫。心配かけてごめんなさい」
『……いいのよ。手がかかる子ほどかわいいって言うでしょ? ……とは言っても、蒼樹が何から何まで面倒みてくれてるから、お母さん蒼樹に頭が上がらないわ……』
 苦笑が聞こえてくる。と、
『あ、はいっ。今行きます! ごめん、行かなくちゃ。無理はしないようにね』
 言われて通話は切れた。
 きっと会話は全部聞こえていたと思う。
「碧さん、相変わらずね」
 栞さんがクスクスと笑っている隣で、湊先生は呆気に取られていた。
「元気そうな母親だけど、その人からなんでこんな娘が生まれるのか」
 私と蒼兄は顔を見合わせて苦笑い。
  夕飯が食べ終わると、
「あんた病み上がりなんだから、そろそろ帰って休みなさい」  湊先生に言われ、私と蒼兄は八時過ぎにお暇した。



Update:2009/06/04  改稿:2017/05/21



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓
Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover