光のもとで

第02章 兄妹 22話

 待ちに待った四日、天気は快晴。
 蒼兄の話だと、今日は最高気温が二十五度ということだったから、少し暑くなりそう。
「今日は上着いらないかも……?」
 クローゼットを開き、端から順にワンピースを見ていく。
「これ、かな」
 手に取ったのは、先日着ていた白いワンピースとは別の白いワンピース。
 柔らかなシフォン生地で身体に沿うAライン。ふわっとしたベルスリーブの袖に、膝丈スカートの裾が花びらのようにジグザグしている。
 とくにこれといった装飾がしてあるわけじゃないけれど、そのシンプルさが好き。
 淡いグリーンのガラス玉がついたチェーンベルトを腰につけ、それとおそろいのネックレスとブレスレットをすれば完了。
 普段はめったにアクセサリーをつけることはないけれど、この三点セットはお気に入り。
 高校に合格したとき、蒼兄がお祝いとしてプレゼントしてくれたのだ。

 今日は栞さんがお休みの日。蒼兄は、昨夜私と話している途中にお母さんからメールがあって、今日は朝から呼び出されている。どうやら、片道二時間半もかかるところへ必要な資料を届けに行くらしい。
 それから、パソコンのメンテナンスも頼まれてるって言ってたっけ……。
 夕方には帰るから、一緒にご飯を食べに行こうという話になっていた。
 あと少しで八時。少し余裕をもって出て、藤棚を堪能しよう。
 お財布と携帯とハンドタオルとポケットティッシュ、ピルケース。これだらがぴったりと収まる小さな籠バッグ取り出し詰めていく。
 まだ少し時間があったからお庭にお水を撒いてから家を出た。
 少し歩けばすぐに運動公園の敷地内。
 ちょっと暑いけれど、あたりには心地よい風が吹いている。
 芝生の緑が青々としており、空も真っ青。木に生える、新緑の合間から差し込む木漏れ日がキラキラと光って見えた。
 空を見上げながら歩いていると、あっという間に弓道場裏にある藤棚にたどり着く。
  時刻は八時半過ぎ。あと十分もすれば桃華さんと秋斗さんが来るだろう。
 ベンチに座って満開の藤棚を見上げる。
「かわいい、きれい……」
 ずっと見ていても飽きない。
 そういえば、七五三で使った簪も、ずっと見ていて飽きることはなかった。
 あの簪はかわいくて、見ているだけでも幸せな気分になれるのだ。
 風に揺れる藤を眺めていると、
「御園生じゃね……?」
 藤棚の脇を通り過ぎようとした人に声をかけられた。
 そちらに目をやると、なんとなく見覚えのある顔。
 ……誰だっけ。
 少なくとも、今のクラスメイトではないことは確かだ。
 男子はジャージを着ているため、同じ学校の生徒なのか違うのかすらわからない。
 でも、今の学校で「御園生」と呼び捨てで呼ぶのは佐野くんくらいで――
「何、覚えてねぇの? 俺、加賀屋祐二かがやゆうじ。中三のとき、同じクラスだったじゃん。因みに高校も同じクラスだったんだぜ? 御園生、一度も来ないで辞めちゃったけどさ」
 そこまで言われて思い出す。そうだ、この人は私が一番苦手だった男子と仲良くしていた人。
 思い出したら思い出したで、身体が硬直するだけだった。
 かなり明るい髪色、ところどころにメッシュが入っている。
 藤宮にもそういう髪型をしている人は稀にいるけれど、なんというか……放つ雰囲気がまるで違う。
「何? 高校辞めちゃって今何してんの?」
 話しながら近付いてくるその人が、恐怖でしかない。
 嫌……それ以上こっちに来ないで。
「相変わらずかわいいよねー? 今、ひとり?」
 隣に座られて、思わず席を立ってしまう。
 反射的に立ち上がったこともあり、不意に眩暈が襲う。平衡感覚がもっていかれ、身体のバランスが崩れた。
「何よろけてんだよ」
 腕を掴まれてゾクリと粟立つ。
 支えてくれてるという感じではなく、捕まえられたと思った。
 掴まれたれた右腕が痛い。
 嫌……どうしよう――
 振り払いたいのに力は入らないし、視界も回復しない。それどころか、こめかみのあたりからす、と血の気が引いて肩のあたりまで冷たくなる。
 どうしようっ――
「翠……?」
 この声……。
「藤宮、先輩……?」
 視界が戻らない限りは声だけが判断材料。けれども、私を「翠」と呼ぶのは藤宮先輩しかいない。
「翠、こっちに」
 言われるも動けなかった。
 視界はまだモザイクがかっているし、今にも足から力抜けてしまいそうなのだ。それに、腕も未だ強く掴まれたまま。
 カク、と膝の力が抜けたそのとき、誰かの胸の中に落ちた。それが、さっきの加賀屋という人でないことはわかる。だって、まだ後ろから右腕を掴まれたままだから。
 視界が戻ると、目に映ったものは白い生地だった。
「翠に何か用でも?」
 頭のすぐ上で、藤宮先輩の声がした。
「あ゛? おまえ誰だよ……。俺はただ御園生と話をしてただけだけど?」
 どこか挑戦的に話す中学の同級生に、
「人に名前を尋ねるときには自分から名乗るって礼儀を知らないのか?」
 文句を言いつつも、先輩は高校名と学年、名前を口にした。
「因みに、彼女も藤宮の生徒だ。気分が優れないようだから、用件なら自分が代わりに聞くけど?」
「はっ!? 藤宮なんて嘘だろ? だってそいつ、光陵中退してるぜ?」
「それが何か?」
 先輩は淡々と答える。
 もう視界は回復しているけれど、後ろにいる人が怖くて先輩から離れられないでいた。わずかに震えているのが自分でもわかる。
 ……先輩にも伝わってしまっているだろうか。
 知られたくないと思いつつ、それでも離れることができなかった。
「確か、入院してて留年決定したから中退したって聞いたけど、あんた、そういうの知ってんの?」
 笑いを含んだ声で愉快そうに話す。
「それが何? 一年留年してうちに受かるって、ある意味すごいことだと思うけど?」
 先輩の声音がしだいに低く冷たくなっていく。そこに足音が近づいてきた。
「司、おまえ戻っていいよ。あとはこっちで引き受けるから」
 秋斗さんの声だった。
「秋兄、遅い……。翠、視界が戻ってるならゆっくり立って」
 私はコクリと頷き、先輩の手を借りて立ち上がった。
「先輩、ごめんなさい……。試合前なのに」
「いいから……。このあとは秋兄といて」
 言うと、私の身柄を秋斗さんに預けた。
「翠葉ちゃん、大丈夫?」
 秋斗さんに顔を覗きこまれて返事をしようとした。
 ただ一言、「大丈夫です」と言いたかっただけなのに、震えて声がうまく出せない。切れ切れに声を発すると、秋斗さんの腕が背中に回され、そのまますっぽりと胸の中に収まってしまった。
 まだ、後ろに加賀屋という人がいるのかはわからない。けど、秋斗さんの様子からするとまだいるのだろう。
「で? 君は翠葉ちゃんに何か用だったの? 僕たちのお姫様に手を出そうものなら、容赦なく撃退させていただくけど」
 余裕のある声音で秋斗さんが尋ねる。と、
「んだよっ、おまえっ」
「ん? 僕? 僕は藤宮秋斗。藤宮警備の人間で翠葉ちゃんのボディーガードかな?」
「ボディーガードだぁ? ……ホントは違うんじゃねーの? 御園生、おまえ清純そうに見えるけど、その顔と身体で男たぶらかすことでも覚えたか? 今度俺ともお相手願いたいもんだな」
 秋斗さんの腕の中にいても、言葉や視線はザクザクと刺さる。
 怖い……早くいなくなってっ――
「あら……何この害虫」
 冷ややかな桃華さんの声が耳に飛び込んできた。
「あ゛? んだよ、このアマっ」
「……あなた、『あま』って言葉の意味はご存知? 仏門に入った女性や修道女、もしくは海に潜って漁をする女性のことをいうのよ? 私は修道女でなければ漁師でもないのだけど……。言葉は正しく使っていただけないかしら? これだから低俗な男って嫌よね……」
「てっめぇっ……」
 怖いと思うより先、桃華さんが心配になって振り返る。と、そこには投げ飛ばされた男子が転がっていた。
 それを投げたのはどう考えても桃華さんで――
「ったく……女だからって甘く見ないでほしいものだわ」
 桃華さんは汚いものを触ったような素振りで手を払う。
 私が秋斗さんの腕の中で唖然としていると、いつもと変らない笑顔でにこりと笑いながらこちらにやってきた。
「私、合気道を習っていたことがあるの」
 にこりと微笑む桃華さんはいつもとなんら変わりなく……。
「簾条さん、有段者ってケンカとかしちゃいけないんじゃ……」
 秋斗さんが苦笑しながら訊くと、
「あら、今のは自己防衛でしょう?」
 笑顔で受け流すと、
「さ、あのムカつく男の試合が始まっちゃうから行きましょ?」
 桃華さんに手をつながれ、建物の中へと足を踏み入れた。
 蒼兄、どうしよう……。
 桃華さんが格好良すぎて、私、桃華さんに惚れてしまいそうです。



Update:2009/06/05  改稿:2017/05/21



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover