光のもとで

第02章 兄妹 24話

 公園を出ると公道を五十メートルほど歩くだけ。
「ここです」
 三人はとても驚いていた。
「本当に近いのね?」
 桃華さんが来た道を振り返りながら言う。
「そうなの。蒼兄は毎朝あの公園に走りに行くんだよ」
 玄関のドアを開けて驚いたのは藤宮先輩だった。
「……広いっていうか、何が違う次元じゃない?」
 三階に続く螺旋階段を見ながら言う。
「両親が自営業でね、三階が仕事場なのだけど、そこにお客さんを直接通せるようにって階段を設けてあるから……」
 つまり、玄関は三階までの吹き抜けのため、長さのある弓道の弓くらいなんともないのだ。
 さらには、玄関でちょっとした打ち合わせができるようにとスペースが設けてあるため、普通の家の玄関に比べるとだいぶ広いつくりになっている。
「居住空間は一階と二階だけだから、そんなに広い家じゃないよ」
 廊下の先にあるリビングへ案内すると、
「まるで雑誌の中に出てきそうな家ね?」
 言いながら桃華さんが部屋を見回していた。
「さすが、建築家御園生零樹さんとインテリアコーディネーター城井碧さんの家って感じだな」
 そんなふうに口にしたのは秋斗さんだった。
「父と母のこと、知ってるんですか?」
「まぁね。名前だけは以前から知ってたし、蒼樹から両親だって聞いてもいる」
「そうなんですね」
 城井とはお母さんの旧姓で、仕事のときは今も旧姓を使っている。
「人の動線を邪魔するものは何もないし、利便性もいい」
 そのコメントに、やっぱり先輩は機能性重視の人なんだな、と思う。
 三人とも飽きずに部屋に視線をめぐらせていた
 確かにうちはシンプルなつくりだけど、住む人のことをよく考えてつくられている。
 お母さんが集めてきたこだわりのある家具が程よいスパイスになっていて、それは私のちょっとした自慢だった。
 部屋を見回している三人をそのままに、私はキッチンでお茶の用意をすることにした。
 今日は、昨日焼いたクッキーもある。
 トレイにお茶とクッキーを乗せると、リビングのローテーブルに運ぶ。
 みんながソファに掛ける中、私ひとりがラグに腰を下ろした。
「翠葉、私、写真が見たいわ」
「うん、いいよ。ただ、ちょっと重いからお部屋移動したほうがいいかも……」
「自室は二階?」
「ううん、すぐそこ」
 自分の背後にある木製の引き戸を指差すと、
「え? そこ、クローゼットじゃなくて部屋なの?」
 声を挙げたのは秋斗さんだった。
「もとは温室だったんですけど、私がよく階段から落ちるからって、両親と蒼兄がデザイン設計して改装してくれたんです」
 ドアを開けると、
「「あ――」」
 藤宮先輩と秋斗さんが声を挙げた。
 ふたりを見てクスリと笑う。
 私も図書室にある秋斗さんの仕事部屋に入ったとき、同じような心境だっただけに、今ふたりがどんな心境なのかがよくわかる。
 秋斗さんの仕事部屋のデザインは、間違いなく蒼兄の作品だと思った。
 自然と足が向き、秋斗さんと藤宮先輩は吸い込まれるようにして自室へと足を踏み入れた。
 私が本棚の引き戸を引くと、
「こんなところまで一緒だなんて」
 と、秋斗さんが笑う。
「もっとも、僕の仕事部屋の本棚に引き戸なんてついてないけどさ」
「これは地震対策だって言ってました。地震で揺れても本が飛び出さないように、って。ベッドのあたりの天井が少し低くなっているのはシェルターになってるからって言ってました」
 秋斗さんは何かを思い出したように、「蒼樹のやつめ……」と口にする。
 本棚からいくつかアルバムを取り出し桃華さんに渡す。
「重いから置いて見てね」
 声をかけると、桃華さんはハープが気になっているみたいだった。
「これは翠葉の趣味?」
 ハープを指差して訊かれる。
「うん。小学六年生のとき、両親にピアノのほかに何か習いたいものはないかって訊かれて、そのときに始めたの」
「あとで聞かせてね」
「拙い演奏でよければ」
 秋斗さんは本棚の中身が気になるようで、藤宮先輩は家具のひとつひとつを検分している感じ。
 じっとローテーブルとソファを見ていた藤宮先輩に声をかけた。
「秋斗さんの仕事部屋にあるのと、きっと同じものです」
 藤宮先輩は、「やっぱり」と言った顔をした。
 三人とも思い思いのものを手に取っていたので、
「私、お昼ご飯作ってくるのでゆっくりしててください」
 と、自室をあとにした。

 お昼はパスタとポテトサラダにしようと思っていたので、昨日のうちにポテトサラダは作っておいた。あとは魚介類のトマトパスタを作るだけ。
 シーフードミックスを軽く炒めてホールトマトを入れる。味付けはお塩と下ろしニンニクと粗引き黒胡椒。それから、少しピリっと辛味を加えるために鷹の爪を少し。
 私が作る料理は十五分前後で作れるものが多い。長くても三十分以内。
 なぜなら、それ以上は立っていられないからだ。
 手が込んだものを作るときは、時間をかけて休み休み作る。
 すべて作り終わってダイニングテーブルに運ぼうとしたら、秋斗さんが手伝いに来てくれた。
「持つよ」
 と、トレイを引き受けてくれた。
 最後に運ぶのはウォーターピッチャー。薄くスライスしたレモンをピッチャーに浮かべたら完成。
「涼やかだね」
 秋斗さんに言われて、「はい」と答えた。
 グラスの用意まで終わってから桃華さんと藤宮先輩を部屋へ呼びに行く。と、ふたりは間隔をあけて座りアルバムを見ていた。
「ご飯の用意できたから食べよう?」
 声をかけるとふたり同時に顔を上げた。
「いい匂い」
 桃華さんが先に出て、藤宮先輩は「パスタ?」と訊いてきた。
「はい。トマトソースのシーフードパスタとポテトサラダ。簡単なもので申し訳ないんですけど……」
 桃華さんが「美味しそう」と言うと、
「翠葉ちゃんの手料理は美味しいよ」
「秋兄、なんで知ってるの?」
 藤宮先輩がフォークを手にしつつ尋ねる。
「この間、仕事部屋で作ってもらったから」
「ふーん……」
 四人それぞれ、「いただきます」と口にして食べ始める。
 私の目の前には藤宮先輩、右隣が桃華さん、そして、桃華さんの前に秋斗さん。
 どうしてこの席次になったかと言うならば、
「藤宮司の隣も嫌だし、顔なんか見て食べたら消化不良起こしそうだわ」
「僕も、どうせならかわいい子を見ながら食べたいな」
 桃華さんと秋斗さんの希望を聞くと、この席次以外になりえないわけで……。
 格好いい人の前というのはこんなにも緊張するものなのだろうか。
 できる限り視界に入れずに食べようとすると、トマトパスタをじっと見て食べることになる。
 頭に視線を感じて顔を上げると、藤宮先輩の視線とぶつかった。
「……なんでしょう?」
 引きつり笑いで尋ねると、
「それしか食べないの?」
 自分のパスタプレートを見たけれど、いつもの分量と変わりはない。
「俺の三分の一くらいしかないと思うんだけど」
「あ……えと、これが私の適量なので……」
「もっと食べたら? ただでさえ痩せてるんだから」
 言われて困っていると、桃華さんが助け舟を出してくれた。
「人には人の適量ってものがあるでしょ」
「簾条には訊いてない」
 容赦ない藤宮先輩の視線が戻ってくる。
「……あの、ご飯食べたあとの消化に血液が使われて貧血起こしちゃうから、一気にたくさんは食べられないの」
「……ことごとく面倒な身体だな」
「はい、自覚しています……」
「……それなら、一日五食くらい食べたら?」
「……検討してみます」
 そんな会話をしていれば秋斗さんがくつくつと笑い出す。
「司はいい医者になりそうだな。でも、その前に口調と仏頂面を直さないと。その内、紫さんから湊ちゃんに似て口の悪い医者って言われるよ」
 そんな指摘に藤宮先輩は心底嫌そうな顔で「善処する」と答えた。
 なんだかおかしい。
 私から見たら落ち着いていて大人っぽく見える先輩だけれど、秋斗さんや湊先生の前では途端に年相応に見えてしまうところが。
「翠、何か失礼なこと考えてない?」
 私は笑いながら答える。
「そんなことないです。ただ、冷気を漂わせるのは夏まで取っておいてほしいです」
 言うと、隣の桃華さんが咽た。
「桃華さん、大丈夫!?」
 桃華さんはグラスの水をコクコクと飲む。
 その正面で秋斗さんが、
「翠葉ちゃんみたいな子、そうそういないよね? この司に果敢に立ち向かうなんて」
「本当に……」
 桃華さんにまじまじと見られ、
「え……? あの、私、普通に受け答えしてるだけなんだけど……」
「でも、今まで周りにいなかったタイプよ」
 桃華さんがクスリと笑った。
 そんな話をしながらお昼ご飯を食べ、みんなパスタもポテトサラダもペロリと平らげてくれた。
「美味しかった」の言葉がとても嬉しかった。
 誰かのために料理を作ったりお菓子を作ったりするのが好き。
 自分にもできることがあるのだと、実感することができるから。
 何よりも、ほっとするのだ。
 私はまだ、こんなことでしか自分の存在意義を見出せないでいた。



Update:2009/06/05  改稿:2017/05/21



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover