光のもとで

第03章 恋の入り口 01話

 二日ぶりの学校は、午前四時間の授業が終わると、午後は明日からの親睦キャンプの班決めであったりルートの確認作業という楽しいホームルームの時間だった。
 学年でキャンプに出席しないのは私だけ。
 私はその二日間学校へ来て課題をこなす。
 一冊の問題集を渡され、それを二日間で仕上げればいいらしい。
 教科は選んでいいということだったので、私は迷うことなく数学をチョイスした。
 本当はこういうときにこそ苦手科目に取り組んだほうがいいのだろう。でも、その課題さえ終えれば未履修分野の課題に時間を割いてもいいというので、得意科目をチョイスした。
 あと少し――あと二冊と半分で未履修分野の課題が終わる。
 なんとか最短の一ヵ月半でクリアできるかもしれないという瀬戸際にいた。
 佐野くんは出発日の朝練と帰ってきた日の午後練がないことを喜んでいる。
 みんなが班決めをしている最中、川岸先生に呼ばれた。
「これ、課題のテキストな。ボリュームがあるからがんばれよ」
 渡されたテキストは、未履修分野のテキストと同じくらいの厚みだった。
 パラパラと中を見ると、文章問題よりも計算問題のほうが圧倒的に多い。その事実にほんの少し頬が緩む。と、
「あぁ、そうか。御園生は数学が得意だったか?」
「はい」
「そうだったそうだった。入試の数学、満点だったのは御園生だけだったな」
 それは初耳だ。
「自習は秋斗先生のところでするように」
「はい」
「それと、腕のバングルの件な。学年主任と風紀の先生にも話は通ってるから気にするな」
「っ……」
「おいおい。俺は一応担任なんだ。体調のことはご両親から手紙をもらっているし、湊先生からも話は聞いてる」
 言われてびっくりした。
「ま、なんだ。色々と気負いすぎて無理すんなよ」
「……はい。ありがとうございます」
 こんなときに痛感する。親の庇護下にいること、自分が子どもであること。
 自分が無力な子どもであることをひしひしと感じる。
 どんなにひとりでがんばろうと踏ん張ったところで、それは何にもなってないのかもしれない。そうすることで、逆に心配を過剰にかけているのかもしれない。
 こうやって、自分のことも周りの人たちの思いも知っていくのかな。
 そうして年を重ねて、自分もいつかは大人になれるのだろうか。
 ――「Time change and we with them.」
 時は流れ、人も変わる――
 ――「Be what thou would seem to be.」
 そうありたいと思う自分の姿になれ――
 心に描き、強く思おう。自分がなりたいと思う自分像を。そして、それに近づく努力を惜しまず前へ進もう。
 湊先生も言っていた。
 できるかどうかなんてやってみないと分かりはしない、と。
 私はまだ試したことがないから。だから、なんでもやっていいのなら、ひとつずつ試していこう……。

「翠葉に四日も会えないなんてっ」
 班決めなど、粗方終わったらしい飛鳥ちゃんが席に戻ってきた。
 なぜ四日かと言うと、金曜日の朝早くに出発し、土曜日の夕方に帰ってくる。日曜日の翌日は開校記念日でお休み。ゆえに四日間の間が開くのだ。
「でも、四日だよ。楽しんできてね」
「うん! がんばってきれいな写真撮ってくるね!」
「あ……風景も気になるけど、みんなが楽しんでるところの写真のほうが楽しみかも」
「任せて! ばっちり撮ってくるから!」
 笑顔全開の飛鳥ちゃんを見ると幸せな気分になる。
 一仕事終えた桃華さんと佐野くんも私の席にやってきた。
「げっ……何それ。キャンプ不参加の代償?」
 佐野くんがオーバーリアクションで後ずさりをした。
「そう。未履修分野のテキスト一冊と変わらないくらい」
「しかも、なんで数学チョイス? 御園生って理系?」
「うん、どちらかというと理系かな。英語とか古典、世界史なんかは苦手」
「「俺と見事に反対だ」」
 佐野くんと海斗くんが声を揃えた。
「そうなの? じゃ、今度数学を教える代わりに英語教えてね」
 言うと、佐野くんがコクコクと頷いた。
「マジで。俺、化学見てほしいわ」
 その言葉に先日のメールを思い出す。
「この間のメール……SOSって割と切実だったりする?」
「かなり……」
「未履修分野の課題ってそんなに大変なの?」
 後ろの席の桃華さんに訊かれ、
「うん。これと同じくらいの厚さの問題集が十二冊。それが終わったら一教科ごとにテストがあって、九十点以上採らないと追試」
 内進生の三人が口をあんぐりと開けていた。
「佐野っ、あんた大丈夫なのっ!?」
 飛鳥ちゃんが佐野くんに訊くと、佐野くんは苦笑を返した。
「かなりギリギリだけど、なんとかする予定」
 苦笑いが痛々しすぎた。
 朝も放課後も目一杯部活をやっている佐野くんにはかなりきついと思う。
 この学校のスポーツ特待枠はかなり特殊だから。
 普通なら、スポーツの代わりに学力面が少し憂慮されたりするものだけど、この学校はそんなすてきな待遇はない。
 一定学力に満たなければ入学は絶対にできないのだ。
 ただし、スポーツの成績と一定の学力を満たした場合、奨学生制度が履行される。要は学費の免除。
 この制度を利用できるのは数年にひとりかふたりだというのだから、稀有な生徒であることは間違いない。
 佐野くんは文武両道を地で行く人なのだ。
 素直に、すごいな、と思う。
 なんでもそつなくこなしているというわけではなくて、きちんと努力しているのが見えるから。
 蒼兄をリスペクトしているだけあるというか、そんな姿はどことなく蒼兄を彷彿とさせる。
 蒼兄もなんでもそつなくこなす人。けれど、影ではとても努力していることを知っている。
 積み重ねが大切、と日頃から蒼兄に言われているけれど、それは自分がそうだからなのだと思う。

「今月の中間考査やだなぁ……」
 なんて、言い出したのは海斗くん。
 そういえば、海斗くんは藤宮の人々に睨まれた状態でお勉強をするのだ。
「九十五点以下なんて採ろうものならどんな恐ろしい目に遭うことか……」
 それはそれは恐ろしい、という顔をする。
「でも、藤宮先輩と秋斗先生に見てもらえるなんていいじゃんっ!」
 飛鳥ちゃんは純粋に羨ましがっているのだと思う。海斗くんは必死な様で、
「バカ言えっ! あいつら本当に容赦の欠片もねーんだぞっ!?」
「あら、それで首席をキープできるならいいじゃない」
「あ、やっぱりそうなの? 答辞読んだからそうなのかなとは思ってたんだけど、海斗くんて学年首席なのね?」
 海斗くんはげっそりとした表情で、
「うちさー、湊ちゃんも秋兄も楓くんも司も学年で二位より下に落ちたことないんだ。だから、自分の弟に限ってそんなことがあるわけないとか、自分の従弟に限ってそんなことあるわけないとか、それはそれは言いたい放題寒気漂う笑顔で脅されるわけで……。順位下がろうものなら何を言われるか考えたくないよ」
 その光景が想像できてしまうだけに苦笑しか出てこない。
「あら、意外と苦労してるのね?」
 桃華さんが意外だったわ、と言うような目を向ける隣で飛鳥ちゃんが、
「えー、私は羨ましいなぁ。藤宮先輩は怖いけど、秋斗先生とか絶対優しいじゃん!」
「秋兄のフェミニストは女限定! 男や身内にはすげー厳しいんだからな!」
 言い合うふたりを見ながら、佐野くんがなんとも不思議そうに声を挙げる。
「秋斗先生と美人姉弟ってそんなに怖いの?」
「んー……どうかな? 藤宮先輩は間違いなく手厳しそうだけど、秋斗さんが厳しいところはちょっと想像できないかも」
 でも、辟易とした海斗くんの表情を見れば、どれだけ怖いのかは一目瞭然だった。



Update:2009/06/08  改稿:2017/05/22



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover