光のもとで

第03章 恋の入り口 09話

 問題集を解き始め、あと数ページ、というところまできた。
 あと、少し――
 手ごたえは悪くない。今のところ、三問記入できなかった問題があるだけ。
 これならなんとかなりそう……。あと少し――
「終わったー!」
 思い切り伸びをしてはっとする。
 今、とても大きな声を出してしまった気がする。秋斗さんのお仕事の邪魔になっていたらどうしよう……。
 恐る恐る後方を振り返ると、クスクスと笑う秋斗さんがいた。
「すみません……」
「いや、大丈夫だよ」
 優しく笑ってくれるけど、申し訳なくて再度謝る。
「っていうか、本当にすごい集中力だね? 今、何時だと思う?」
「え?」
 掛け時計に目をやると、十二時を回っていた。
「わ……もうお昼の時間だったんですね」
 時間はかかった。けれども問題を解いていた感触としては悪くない。
 これなら九十点以上はクリアできそう。
「今日はそっちで食べない?」
 秋斗さんは言いながらローテーブルへとやってきた。
「ごめんなさい。お昼、待たせちゃいましたよね?」
 ふわふわクッションに座ったまま秋斗さんを迎える。
「大丈夫だよ。その間にこっちの作業してたし」
 と、今朝預けた携帯を渡された。
 携帯を見ると、ディスプレイの下の方にバイタルが表示されている。
 血圧と脈拍、それから体温。
 すごい……。
「本当に、ありがとうございます」
 そう言って、携帯をテーブルの上に置いた。
「さ、お昼にしよう」
 ガサゴソとビニール袋からパンを取り出す秋斗さんを見て、
「あっ、今日は栞さんが秋斗さんのお弁当も作ってくれたんです!」
 急いでかばんからお弁当箱を取り出す。
「栞ちゃんの作ったお弁当っ!?」
「はい。とっても美味しいんですよ」
 お弁当を差し出すと、とても嬉しそう秋斗さんが笑った。
「栞ちゃんは元看護師さんなんだけど、栄養士の資格も持っていて、さらには調理免許も持ってるんだよ」
 秋斗さんにもたらされた情報に口をポカンと開けてしまう。
 最近、私の周りにはすごい人しかいない気がする。
 玲子先輩と桃華さんは華道の免状と看板を持っているし、加納先輩にいたっては合気道の師範代。佐野くんと司先輩はインターハイ行きを決めたし、海斗くんは学年首位を死守しているという。
 飛鳥ちゃんは実況中継を特技としているし、栞さんも湊先生も秋斗さんも蒼兄も、頭が切れて芸達者と認識せざるを得ない。
 どんどん自信をなくしそうな今日このごろ……。
 何か、自分に自信を持てるものが欲しい――
 考え始めたらいくらでも落ち込めそうだったから、意識を午後の予定へと切り替えた。
 午後には英語の問題集が丸々一冊残っている。
 これを終わらせないことには何も片付かない……。
 できれば今日明日で課題を終わらせてしまいたい。そしたら日曜日の森林浴は思い切り楽しめるし、中間考査の勉強にも専念できるというもの。
 がんばろう……。

 午後になると意を決して英語の問題集を開いた。けれども、解き始めて数問で壁にぶち当たる。
 解けないものはあとで――と次の問題に取り掛かっても、また数問すると壁にぶち当たる。
 それを何度も繰り返していると、問題集の空欄はすべて解けない問題になっていた。
 ……もう嫌。本当に嫌、大嫌い……。
 単語を埋めるのも熟語を埋めるのもできる。訳だってなんとかなる。
 でも、どうにもならないのは英文を作ること。
 どちらかと言うと、長文問題は普通に解けてしまったりする。それは適当に訳してもだいたいの訳がわかれば問題が解けるからだ。
 それに比べ、英文を作るのは文法やら何やらでものすごく苦手。むしろ嫌い……。
 ローテーブルに突っ伏していると、インターホンが鳴り司先輩が入ってきた。
 今日は土曜日なので午前中で授業が終わる。けれども、生徒会メンバーは広報委員と来週の打ち合わせがあるとかで、午後一は視聴覚室に詰めると聞いていた。
「何してる……?」
「英語の問題集……」
 解いています、と言えなかったのはすでにシャーペンが止まってから三十分近い時間が経っていたから。
 先輩は近くまで来ると問題集を手に取った。
 ペラペラと最初から最後までページをめくると、
「ネックは文法?」
 コクコクと頷く。
「昨日は一日で数学の問題集終わらせて、今日は午前中に世界史を終わらせた。なのに、英語だけは二時間経つけどその状態」
 秋斗さんがくつくつと笑いながらこちらへやってきた。
「英語苦手?」
 司先輩に訊かれて頷く。
「英語と古典はとくに……」
「文法や活用が苦手なわけね」
 冷静に分析されたところで嬉しくもなんともない。
「司、見てあげたら?」
「あっちでなら問題ない」
 と、図書室の方を指される。
 広報委員との会議が終わったのなら写真の選別作業が始まるのだろう。
「……お邪魔になると思うのでいいです」
「課題を終わらせて選考作業手伝ってくれたらチャラにするけど?」
「……とても終わらせる自信がないので」
「俺が見るからには最短で終わらせる」
 笑うでもなく真顔で言われる。
「……それって怖いですか?」
「……誰に何を訊いたのかは察しがつくけど、怖いのと終わらないのとどっちを取る?」
 どっちもどっちで黙っていると、
「すぐに始めるからあっちに移動して」
 司先輩は英語の課題を人質に取り、仕事部屋を出ていってしまった。
「……秋斗さん、どうしましょう。司先輩って怖いですか?」
「大丈夫だよ。きっと海斗に対するものよりは優しいはず」
 少し意地悪そうに笑われた。
 はずって……はずって……どのくらいでしょうか……。
 ビクビクしていると、
「翠、早く」
 と、図書室から催促の声が聞こえてきた。

 図書室にはまだ誰も来ておらず、司先輩がひとり黙々とパソコンとプリンタの接続を行っていた。
 私はというと、「そこに座って」と指定された場所に座らされている。その席は、両隣にノートパソコンが置かれていた。
 ピッ、と電子音が鳴ると里見先輩が入ってきた。
「翠葉ちゃん、今日も課題?」
「はい……」
「あら、どうしたの? ずいぶんと暗い顔だけど」
 里見先輩は器用に写真を避けつつ窓際にあるテーブルまでやってくる。
「……未履修分野の課題、英語だけが終わらなくて」
「……あれ? でも、キャンプ中は別の問題集出されてるんじゃなかっったっけ?」
「それは昨日のうちに終わらせました」
「……確か、それと同じ厚さの問題集だったよね? 教科は?」
「数学ですけど……?」
 答えると、里見先輩の表情が固まった。
「因みに、午前で世界史の問題集を終わらせたって情報もありますけど」
 セッティングが終わったらしい藤宮先輩が口にすると、
「うーん……やっぱり欲しいな。で? これは英語ね?」
 と、言いながら私の隣に座る。
「ピンはねするのは私と司のふたり。吐き出された写真をほかのメンバーがより分け作業してるのよ」
 気づけば、両脇を先輩ふたりに固められていた。
「翠、茜先輩は三年の首席だ」
「あら、それを言うなら司は二年の首席でしょ?」
 里見先輩はテーブルに乗り出して藤宮先輩を見る。
 右に二年生の首席、左に三年生の首席……。右にも左にも出るものはいなさそう。
「さ、始めましょうか」
 里見先輩に笑顔で言われ、悶絶しながら問題集に向かうことになった。
「それは関係形容詞の分。S+V……,『前置詞which名詞』S+V」
 藤宮先輩に言われたことを問題集の端に書きとめ問題に取り掛かる。
「……He was brought up in Germany, which fact accounts for his fluency in German.?」
「正解。次の問い、『What』と『that』 どっちを使う?」
「……わかりません」
「『What』の場合はあとにくる文が不完全になる。逆に『that』の場合はあとにくる文が完全な状態」
 日本文は「私がしたこと」である。
 この場合、私が何をしたかは書かれていないので、不完全と言えるだろうか。
 SVOでいうところの「O」、目的語がない。
「What I did……目的語が抜けてるから?」
「正解。次」
 次、と言われても解けないものしか残っていないのだ。
 シャーペンを握る力が強くなると、
「本当に英文にするのが苦手なのね? それは関係副詞節の『when』を使う文章よ」
 関係副詞節で『when』?
 確か、関係副詞節の『when』といえば、間で区切るのではなかっただろうか。
「私はいかなるときも思い浮かばない。そのとき、わたしがアンに腹を立てたという――の、時が関係副詞節なら……」
 思い浮かばない、のところで一文切って……私はできない、思うことが、いかなるときも――
「 I can't think of any time ……で、when……I've been angry with Ann.……ですか?」
「正解。少し入れ知恵をすればすぐ解けるのに、なんでここまで苦手意識持ってるのかしら?」
「うーん……わかりません。教科書を覚えれば解けるものに関しては問題ないんですけど、こういうのは苦手なんです」
「それ……単に教科書丸暗記してるから穴埋めができるだけだろ。……あぁ、だから基本の文法を理解してないのか」
 作業をしながらこちらを見ている藤宮先輩の視線が痛かった。
 海斗くんはもっと容赦ない言葉を言われるのだろうか。
 これはまだ優しいほう……?
「なるほどねぇ……。それじゃ学内テストはいいけれど、全国模試には通用しないわね」
 里見先輩がテストの分析をし始める。
「これは特訓しかないわね」
 かわいらしくにこり、と里見先輩が笑った。
 そのあと、ほかの生徒会メンバーが入ってきたけれど私の状態は変わることなく、今も里見先輩と藤宮先輩に見てもらいながら問題を解いている。
 それを非常に気の毒そうな目で見ていたのは春日先輩と荒川先輩。
「ふたりとも意外とスパルタだからね。翠葉ちゃん、心が折れない程度にがんばって」
 そう言ったのは美都先輩だった。
 加納先輩はひとりで黙々と写真の選定作業に勤しんでいる。
 本当に写真が好きなんだな……。
 加納先輩が一所に留まって何かしているのを初めて見た気がする。
 いや、一所に留まって、というよりは常にあっちこっち動いて、これはこっちであれはあっち、と動き回りながら写真にランクをつけていたり、種類を分けていたりするのだけど……。
 でも、その目には写真しか入っていないのだ。
「翠、余所見してないで問題」
 藤宮先輩にトントン、とテーブルを叩かれ泣く泣く問題集に視線を戻した。



Update:2009/06/12  改稿:2017/05/27



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover