光のもとで

第03章 恋の入り口 11話

 お風呂上り、時計を気にしながら今日教えてもらった英語の問題集を復習していた。
 司先輩と里見先輩に教えてもらわなかったら今日中には終わらなかったであろう問題集。
「文法、かぁ……」
 そうは思いつつも文法と例文の両方を丸暗記している自分がいる。
 こんなことをしていては、「意味がない」と司先輩に言われてしまうだろう。
 でも、どうしても脳が拒否するんです……。
 問題を解きながら司先輩に言い訳している自分が少しおかしかった。
 秋斗さんから連絡が入ったのは十一時を回ったころ。
 先に短いメールが届いた。
 内容は起きているかどうかを確認するもので、起きている旨を返信すると、カーペンターズの「Close to you」が流れ始める。
 それは洋楽で一番好きな曲だった。
 ゆったりとした曲調にキラキラした感じの歌詞がとても好き。
 思わず聞き入ってしまい、慌てて電話に出る。
「はいっ」
『遅くなってごめんね』
「いえ」
『なんか笑ってる?』
「着信音に大好きな曲が流れて」
『知ってる。設定したのは僕だからね』
 と、秋斗さんも笑った。
「秋斗さんは今、お仕事を終えられたんですか?」
『そう。頭の固い年寄り相手の会議は疲れるよー……。ところで、翠葉ちゃんの体調は?』
「大丈夫です」
『じゃ、明日は少し早くても平気かな?』
「でも、それじゃ秋斗さんがつらくないですか? 片道二時間もかかるのでしょう?」
『大丈夫。明日、朝八時には迎えに行くね。少し肌寒いかもしれないから長袖も用意しておいて』
 それだけを話して通話を切った。
 明日は生地をたっぷりと使ったフレアのロングスカートで行く予定。
 淡いブルーの薄いデニム生地で、裾に白い糸で刺繍が施してある。
 トップスは白いキャミソールとその上に生成りの七部袖のシャツを羽織る予定だった。
「肌寒いってどのくらいだろう……? 上にもう一枚あれば大丈夫かな?」
 クローゼットを開けるとベージュのパーカが目に入り、それを手に取った。
「これでいいかな?」
 明日着る洋服をソファにかけると、ベッドに入って目覚まし時計をセットする。
 八時に来るのなら、六時半くらいに起きればいい。
 どこへ行くのかわからないお出かけにちょっとドキドキする。
 今日、眠れるかな?
 遠足の前や運動会の前、何かあるときは緊張して眠れないことが多い。
 でも、そんな心配をする必要はなかったみたい。
 ミルクカモミールティーを飲むとすぐに眠気が襲ってきて、あっという間に眠りに着いた。
 どうか、明日がお天気でありますように――


 翌朝、太陽の光で目を覚ます。
 目覚まし時計はまだ鳴っていない。
 学校に行く日は六時に起きるから、身体がそれに慣れてしまったのかもしれない。
 もう一度眠る気にはなれなくて、基礎体温を計ってから支度を始めた。
 洋服に着替えたころ、栞さんがやってきた。
 今日は日曜日なので遅めの出勤。
「あら? 翠葉ちゃん、かわいい格好してるわね? どこか行くの?」
「今日は秋斗さんが森林浴に連れて行ってくれるんです」
「あら、デート?」
「うーん……デート、ではないかも? 携帯に無断でGPSを仕込んだお詫びって言われました」
「そんなの建前よ。蒼くんは知ってるの?」
「はい。先日話したので」
「どんな顔してた?」
「え……? どんな……?」
 訊かれて少し考える。
「えーと……秋斗さんなら安心って言ったあとに、なんだか複雑そうな顔をしてました」
 そんな会話をしていると、ランニング後にシャワーを浴びていた蒼兄がリビングへやってきた。
「そんなかわいい格好して……お兄さんは心配だ」
 ブツブツ言いながら二階へと上がっていく。
 思わず栞さんと顔を見合わせる。
「あれ、なんでしょう?」
「きっと娘を嫁に出す心境なんじゃないかしら?」
「そんな……ただ森林浴に行くだけなのに」
「それでも複雑なんでしょう? だって、蒼くんったら病的にシスコンだもの」
 七時過ぎに朝食を摂り、食べ終わってからは荷物を再確認。
 コンパクトデジタルカメラ、デジタル一眼レフ、メモリカード、替えのバッテリー。それから三脚、ピルケース、お財布、携帯、パーカ、ティッシュ、ハンカチ、タオル、日焼け止め、小型ハープ。あとは布張りのトラベルラグ。
 それらをじっと眺め、もっとコンパクトにまとめられないかな、と思っていたらインターホンが鳴った。
「翠葉ちゃーん、秋斗くん来たわよー」
 玄関から栞さんの声がかかり、急いで部屋から荷物を運び出した。
 部屋の外には蒼兄がいて、荷物の半分を持ってくれる。
 玄関へ行くと、
「秋斗先輩、翠葉にだけは手ぇ出さないでくださいね」
 と、真面目な顔をして牽制する。
 や……蒼兄、そこは「今日は妹をよろしくお願いします」じゃないのかな……。
 秋斗さんは秋斗さんで、
「きっと大丈夫」
 いつもと変わらない爽やかな笑顔で答えた。

 予定どおり、八時に家を出発。
 車が走り出すと、家の近くにあるインターから高速道路に乗った。
「ここら辺はいいよね。緑も多いし大きな公園もある。高速道路に乗るのも国道に出てすぐだし」
「そうですね。でも、私に関係あるのは緑が多いことと、公園があることくらいです」
「まぁ、そうだね。車の運転はしないもんね」
 笑う秋斗さんを見て、いつもと格好が違うと思った。
 いつも学校では白衣の印象が強すぎるからかもしれないけれど……。
 ベージュのスーツは麻素材。中には薄いグレーのシャツ。ネクタイは締めていないけど、カジュアルすぎず堅すぎず、の格好。
 車に乗るときにジャケットは脱いで後部座席に置いた。そして今は、少し暑いのか長袖のシャツを肘の辺りまで捲り上げている。
 秋斗さんのイメージはオフホワイトという感じ。対して、司先輩は黒とか濃紺。
 あれ……なんだかダークな印象?
 少し考え直し、秋斗さんがオフホワイトなのに対し、司先輩に白を合わせるならクリアな白だな、と思った。こぉ、漂白剤できっちり除菌もされてる感じの白。そんな感じ……。
 秋斗さんが学校でアクセサリーをつけているところを見たことがない。けれど、今日はクロスモチーフの少し変わったシルバーアクセサリーをつけている。
 あくまでもさりげなく、といったふう。そして、薄茶のサングラスをかけているからいつもと印象が違って見える。
 蒼兄も私も、普段はほとんどアクセサリーをつけない。
 その代わり、蒼兄は腕時計が大好きで、いくつかの時計をその日の気分で使い分けている。
 私は腕時計よりも懐中時計が好きで、今までに二度、蒼兄と両親から誕生日プレゼントでもらったことがある。
 私が好きだから、ということもあってアンティーク調のもの。
 今日もその懐中時計を首からぶら下げている。
 その時計を手に取り眺める。
 時間が気になるのではなく、その時計が見たくなって手に取っただけ。
「懐中時計?」
 秋斗さんに尋ねられた。
「はい。蒼兄から誕生日プレゼントにもらったものなんです」
「あぁ、翠葉ちゃんはアンティークのものが好きだもんね」
 と、また私が話したことのない話題が出てくる。これも蒼兄情報だろうか……。
「今日はまたかわいい格好をしているね」
 改めて言われると恥ずかしくなる。
「普段、パンツはあまりはかなくて……。どうしようか悩んだんですけど、結局スカートにしちゃいました」
「うん、よく似合ってるよ。翠葉ちゃんはスカートとかワンピースってイメージだよね」
 そんなイメージなんだ……と思いながら、いつもと雰囲気の違う秋斗さんを見ていると、
「どうかした?」
「いえ……ただ、サングラスしていると雰囲気が変わるな、と思って……。それに今日は白衣じゃないし……」
 もごもごと答えると、
「惚れてもいいよ」
 にっこりと笑われた。
 あまりにもいつもと調子が変わらないものだから、自分もいつもどおりを心がける。
「秋斗さんを好きになったら色々と大変そうだから嫌です」
「その意図は?」
「まず第一に競争率が高そう。それに、女の子に対しては誰にでも優しいからヤキモキしちゃいそう。でも……どうなんでしょうね? 人を好きになるのって想像できなくて……実際はどうなんだろう」
 外の景色を楽しみながら、恋がどんなものかと思いを馳せる。
 少ししてから秋斗さんに視線を戻すと、秋斗さんは苦笑いを浮かべていた。
「……どうかしましたか?」
 サングラスはそんなに色が濃くないので、じっと覗き見るとちゃんと目が見える。
「先日聞いてはいたけれど、やっぱり驚きが隠せなくてですね……。こんな天然記念物がいたのかと……」
「うわ……またその話ですか?」
「そりゃ、衝撃的でしたから?」
 秋斗さんはクスクスと笑う。
 仕方ないじゃない……。本当にまだなんだもの……。
 初恋――私にはいつ訪れるんだろう。
「じゃあさ、今日は翠葉ちゃんにとって初めてのデートだったりする?」
「……デート。これ、デートなんですか?」
「少なくとも僕はそのつもり」
「……蒼兄以外の人とお出かけするのは初めてです」
「そこでデートとは言ってくれないんだ?」
 どこか意地悪な響きがした。
「……『初デート』は、好きな人ができるまで取っておくことはできますか?」
 訊くと、やっぱり笑われてしまう。
「夢は大切だしね。じゃ、そういうことにしておこう」

 日曜日の朝八時台だというのに、道はさほど混んでいない。
 平均して一〇〇キロで走れているのだからいいほうだろう。
 いったいどこまで行くのか……。
 あと少しで隣の県をまたいでしまうところまで来ている。
 一時間ちょっと走ると少し大きめのサービスエリアに入った。
 車の外で身体を伸ばす秋斗さんにカメラを向ける。
「あ、撮られた。僕もあとで撮らせてもらうよ?」
 秋斗さんは胸ポケットから携帯を取り出した。
「だめですっ。私、レンズ向けられると固まっちゃうので」
 言って背を向けると、
「そうなの? でも、それはフェアじゃないからだめ。固まろうと何しようと撮るよ」
「困ったな……。あ、そういえば、秋斗さん疲れてないです? 昨日遅かったし、今朝は早くに迎えに来てもらったし……」
 昨日、あの時間に会議が終わったのだとしたら、寝たのは十二時を回っていたのではないだろうか。
 秋斗さんのマンションからうちまで三十分はかかる。ということは、六時過ぎには起きているのだろうし……。睡眠時間は五時間くらい?
「大丈夫だよ。ひどいときは徹夜で次の日も仕事だったりするし。それに、今日は癒しアイテムが一緒だからね」
 と、頭に手を乗せられた。
 私は急に恥ずかしくなってそっぽを向く。そして、
「今日、その笑顔使ったら反則と見なしますからねっ」
 必死に照れ隠しをしていると、いつものようにおかしそうにクスクスと笑われた。

 さっきから通り過ぎていく女の人が秋斗さんを振り返る。きっと、誰が見ても格好いいと思うのだろう。
 そう思いながら、もう一度秋斗さんを見ると、まだこちらを向いて笑っていた。
「何かな?」
 にこりと笑みを向けられ、
「……秋斗さんが格好いいから、さっきから女の人の視線が痛いです」
「それは僕も同じなんだけど……」
 それはつまり、自分を見ている人の視線が痛いということだろう。
 それ、自業自得だと思いますよ?
 そんな思いを込め、視線を返した。



Update:2006/15  改稿:2017/05/30



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover