光のもとで

第03章 恋の入り口 17話

 目が覚めると身体が少しだるかった。
 そして、目を開けるて「あれ?」と思う。
 自分の部屋にいるのに、点滴がぶら下がって見えるのはどうしてだろう。
 右手を見れば、やっぱり針が刺さっているわけで……。
 頭にはアイスノン、額には冷却シートが貼られているようで、ひんやりとして気持ちがいい。
 アイスノンと冷却シートはわかる。でも、点滴はわからない……。
「なん、で……?」
 声を発すると、
「あ、起きた?」
 少し低めの、よく通る声の持ち主。湊先生に顔を覗き込まれた。
「先生……どうして?」
「あんな高熱出してたら心配で電話だってするわよ。なのに、あんた出ないし……」
 あぁ、さっき寝る前に鳴っていたのは湊先生からの電話だったのか。
「栞に電話したらここにいるっていうから、一通り点滴セット携えて往診に来たまでよ。感謝なさい」
「……ありがとう、ございます」
「昨日は秋斗と出かけてきたんでしょ? 疲れでも出た?」
 相変わらず、ポンポンと言葉を投げてくる。いっそ清々しいほどに。
「……すごく楽しかったんです。でも、途中からわけのわからないことになっていて――」
「ん?」
「わけがわからなすぎて話しようがないんです」
「何よそれ」
 呆れた表情までもが司先輩にそっくりだ。
「本当に……自分でも自分がよくわからなくて……」
「まぁいいわ。さっき解熱剤も入れたから、もう少ししたらちょっとは楽になるでしょ。病人はゆっくり休むっ」
「……はい」

 それからどのくらい経ってからか、汗が気持ち悪くて目が覚めた。
 汗をかいたということは、少しは熱が下がったのかもしれない。
「パジャマ変えるか?」
 声をかけてくれたのは蒼兄だった。
「うん、汗だくで気持ち悪い……」
「じゃ、栞さん呼んでくる」
 そう言って部屋から出ていった。
「……あれ? 蒼兄、大学は?」
 携帯を手に取ると七時と表示されている。
 私、そんなに寝てたのかな。
 すぐに栞さんと湊先生が来てくれて、パジャマを着替える前に身体をさっと拭いてくれた。
「サッパリしたでしょ?」
 栞さんの優しい笑顔に、「はい」と答える。
 栞さんはタオルやパジャマを片付けるのに部屋を出ていった。
「今でやっと三十八度よ。明日の朝に三十七度まで下がってくれればいいけれど……」
 ということは、明日は学校を休まなくちゃいけないのだろうか……。
「明日からテスト前で午前授業になるでしょ? だから明日は休んでおきなさい」
「でも、生徒会のお仕事手伝うって約束して――」
「そんなのあとで司に言っておくわよ」
 瞬時に身体が反応する。「司」という言葉に。
「何よ……」
 湊先生が訝しげに訊いてくる。
「……どうもしないんですけど……」
「どうもしなかったら反応なんてしないでしょ」
 そう言われてみれば……。
「昨日、ウィステリアホテルで司先輩を見かけたんです」
「あぁ、なんか食事に行くって話は聞いてたわね」
「ただ見かけただけなんですけど……。なんだかよくわからないことになっていて……」
「何が?」
「自分が?」
「もっとわかりやすく話せないの?」
「わかりやすく解説できたら私もこんなに悩んだりしないと思うんです」
「あっそ……」
「しかも、秋斗さんにもよくわからないことを言われて、一気に飽和状態です」
「……翠葉、あんた頭回ってる?」
「いえ、かなり怪しいと思います」
「何言われたのよ」
「いえ、それも理解できてないので話せそうになくてですね……。まるで袋小路でどうしようかと……」
「わかった……。要は知恵熱なのね?」
 額を軽くデコピンされた。
「たぶん……。でも、知恵熱って初めてで……」
「んなもん、体験せずに済めばそれに越したことないでしょうが」
「……もし、私にお姉ちゃんがいたらこんな感じなのかな」
 思ったことを口にすると、
「こんなに危なっかしい妹は遠慮願うわ」
 と、即座に却下された。
 確かに、司先輩も楓先生も手はかからなそう。
「吐き気は?」
「ないです」
「知恵熱じゃ吐き気も何もないか……。少し胃にもの入れたほうがいいから、栞に何か作らせるわ」
 そう言うと、湊先生も部屋を出て行った。
 入れ替わりで入ってきたのは蒼兄。
「熱、まだ高いな」
 言いながらも表情は穏やか。
 いつもみたいに、「すごく心配」って顔をされていないことにほっとする。
「きっとね、知恵熱なの……。だから大丈夫」
 言うと、少し呆れたような表情になる。
「知恵熱だって、これだけ熱が高ければつらいだろ」
 その知恵熱の原因にも触れてはこない。
 珍しいな、と思いつつ、今は湊先生がいるから安心しているのかもしれないと思った。
「もう少し……。もう少しだけひとりで考えてみる。というよりは、昨日も言ったとおりで、何をどう話したいいのかすらわからないの。言葉にならなくて話せないの。だから、隠してるとかじゃないのよ?」
「うん。翠葉の中で答えが出てからでも、話せる糸口が見つかってからでもいい。話せるようになったら聞かせて」
 言うと、蒼兄は目を細めた。
「ふふ。蒼兄のその表情が一番好き……」
「俺は苺タルトを食べてるときの翠葉の表情が好きかな」
「そこのシスコンバカ。これ、翠葉に飲ませない」
 湊先生が入ってきて蒼兄に手渡したのは野菜のドロドロスープだった。
 あぁ、これなら食べられる。
 蒼兄が身体を起こしてくれ、背もたれにビーズクッションを入れてくれた。
「自分で食べられるよ」
 蒼兄の手からスープカップを受け取り少しずつ口に運ぶ。
「美味しい……」
「経口摂取できてるうちは安心だわ」
 栞さんに言われ、
「はい。今回は大丈夫です」
「栞、明日は一応休ませて」
「了解よ」
 私がスープを飲んでいる間中、ずっとシスコンだのブラコンだのと言われていて、食べ終わるとすぐに「寝なさい」と寝かされた。
 湊先生がいると、その場をすべて仕切ってくれる。
 うちの中でこんなにテンポ良く話が進むことはないため、とても新鮮に感じた。
 きっと、私が寝れば三人で夕飯を食べるのだろう。
 今度は私が元気なときに来てほしいな……。
 そこまで思って、湊先生の反応を想像してクスリと笑う。
 きっと、私が元気だったら「あんたがうちまで来なさい」と言われるに違いない。
 取り留めなく、考えても考えなくてもいいようなことを思い浮かべて眠りについた。


 翌朝、目が覚めるとまだ点滴がつながったままだった。
 昨日帰る前にも点滴を取り替えていってくれたのだろうか……。
 それにしてはずいぶんと残っている。
「翠葉ちゃん、起きた?」
 あれ? どうしてベッドの下から栞さんの声?
 不思議に思って視線を向けると、ベッド下に備え付けられている簡易ベッドが出ていた。
「栞さん、昨日泊ってくれたんですか!?」
「うん。夜通し点滴してるほうが早く楽になるからね」
 ちゃんとパジャマを着てる辺り、最初から泊るつもりで来てくれていたのだろう。
「なんか、すみません……」
「ほら、また謝る……。このくらいなんともないのよ? 好意と思って受け取ってくれると嬉しいわ」
「……私の周り、優しい人がいっぱいで嬉しいのにちょっと困ります……」
「……それは翠葉ちゃんの人徳と思いなさい」
 すぐに携帯を開いてバイタルをチェックし、
「熱は三十七度四分。だいぶ下がったわね。血圧も八十の六十一。明日には学校へ行けるわよ」
 少し寝癖のついた髪の毛を手で押さえながら言う。
「今日は少し起きててもいいですか?」
「そうね……。三十七度まで下がったらにしましょう?」
「はい……」
 栞さんは簡易キッチンで洗顔を済ませ洋服に着替えた。
「翠葉ちゃんはこっち」
 と、お湯で濡らしたタオルを渡してくれる。
 とりあえずは顔だけ拭いて終了。
 栞さんがリビングへのドアを開けると、いつものように蒼兄がテーブルセットでコーヒーを飲んでいた。
「栞さん、コーヒー淹れてあります」
「蒼くん、ありがとう」
 栞さんと入れ替わりで蒼兄が入ってくる。
「熱、だいぶ下がったな」
「うん。三十七度まで下がったら起きていいって。テスト勉強しなくちゃ……」
「そうだな。でも、あまり無理はするなよ?」
「うん、わかってる」
「……昨日、秋斗先輩と司に会ったんだけど、ふたりとも心配してたよ」
「……こういう場合はどっちがいいんだろうね?」
「何が?」
「……数値を知らなければ心配せずに済むでしょう?」
 蒼兄は私の頭をくしゃりと撫でて、「そうだな」と答えた。
 少し前みたいに重くならない。少しだけ笑みを添えて話せる。
 そんなことがひどく嬉しく思えた。
「あとで桃華さんたちにメールしなくちゃ」
「学校に行ったら俺が佐野くんに話しておくよ。彼なら部活でこの時間にはいるだろう」
「うん。ありがとう」
「じゃ、ゆっくり休めよ」
 言うと、蒼兄は大学へと出かけた。



Update:2009/06/18  改稿:2017/06/02



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover