光のもとで

第03章 恋の入り口 24話

 昨夜は十一時半から十二時半まで勉強をすると、疲れて眠ってしまった。
 一時まではがんばろうかな、と思っていたのだけどさすがに無理だった。
 今は理系の問題を片っ端から確認するように解いている。とくに問題なくきているので、そろそろ苦手科目オンリーに絞る。
 今日からの四日間はすべてに苦手科目に費やす感じで……。
「気をつけていってらっしゃい」
 栞さんに見送られ、いつもとは違うドアから外へ出る。
 何せ、学校の私道入り口まで徒歩五分という立地条件なので、朝の支度も家を出るのもゆっくり。今日はいつもより一時間遅い七時に起きて、八時に家を出た。
 いつもなら家を出る時間に支度をしているのは違和感があってちょっと落ち着かなかった。
 教室に入ると、いつものメンバーが集まっていて、
「今日、翠葉がいないから休みかと思った」
 と、飛鳥ちゃんに飛びつかれる。
「あのね、栞さんってうちに来てくれている人のこと覚えてる?」
 海斗くんはもちろんのこと、みんな一度うちに来ているので栞さんのことは知っている。
「実は、昨夜からテストが終わるまで、しばらくお泊りさせてもらうことになったの」
「えっ、じゃぁ、何っ!? 昨日って実は秋兄の隣の家にいたってこと?」
「そうなの」
「なんだぁ……俺、数学訊きに行けばよかった」
「え? だって、海斗くんは司先輩に教えてもらっているのでしょう?」
「だからだよっ! あんなおっかないやつより翠葉に教えてもらったほうがいいに決まってるじゃんっ」
 まるで駄々っ子のようにわめく。
 いったいどれほど恐ろしいのだろうか……。
「今日の夕飯のとき、わからないものがあったら教えるよ? 私、今日から文系漬けだから」
「マジで? 助かる!」
 会話が進む中、
「翠葉……もしかして、理系の科目全部終わったの?」
 後ろの席から桃華さんが覗き込むようにして私を見ていた。
「うん、昨夜で粗方ね。あとは文系に注がないと、それこそ目も当てられない結果になっちゃう」
「羨ましいわね。私の頭と翠葉の頭、足して割るとちょうどいいと思うのだけど……」
 言いながら、桃華さんは手元の問題集を解いている。
 こんなふうにみんなで集っていても、いつもと違うのは各々の手に参考書があったり単語帳があったり問題集があること。
 ホームルーム前の雑談タイムも片手には勉強という姿勢が抜けなくなるのだ。
 授業は依然変わらず……。
 授業の進行に余裕のある先生は、テスト前だから、と授業の半分を自習時間にしてくれたりする。
 その間は、各自好きな科目を勉強したり、わからない場所を教えあったり、という感じ。
 誰も勉強をするという姿勢を茶化したりする人はいない。
 中学のときは、勉強をしないことがまるで格好いいことのように、勉強している人間をからかいの対象にしていた。今思えば、やっぱりあの学校がおかしかったのかもしれない。
 真剣に、何かに取り組む人のことを囃し立てる人が必ず存在した。だから、どんな行事も基本的にはちゃらんぽらんな感じで、中身の薄いものになる。
 球技大会や体育祭、文化祭――どれをとっても同じ。先日球技大会のように白熱することはなかった。どこか投げやり――いつでもそんな感じだった。
 それに比べ、この学校の生徒は勉強も部活もイベントごとにも全力で取り掛かる。その姿勢がすてきだと思うし、格好いいとも思う。
 やっぱり、何事にも真剣に取り組む姿勢は見ていて気持ちがいい。
 この高校に入学してから、人の内面にたくさん触れているような気がする。見てくれの格好よさや美しさではなくて、内面の格好よさ、誠実さ。
 人の価値はそこで決まるのではないだろうか、と思うほどに。

 授業が終わると海斗くんに声をかけられた。
「栞ちゃんちに帰るなら一緒に帰ろうよ」
「うん」
 海斗くんは藤山にあるおうちに帰るときは大学を抜けて私有地を通って帰るらしい。テスト期間は秋斗さんのおうちに泊るため、高校門から出る。
 私と海斗くんは学園の私道を出て右。飛鳥ちゃんと佐野くん、桃華さんは左。
 私たちが坂を上るのに対し、三人は下っていくことになる。
 佐野くんのみ、公道に出て徒歩五分のところにあるバス停からバスで市街へと向かう。
 藤倉の駅でバスを降り、駅をまたいだところにある駐輪場に自転車が停めてあり、そこから自転車で三十分ほどかけて帰るらしい。
 飛鳥ちゃんと桃華さんは歩いて二十分ほどのところにおうちがあるそう。表通りにはバスも通っているけれど、たいていは歩いてくるらしい。そして、雨の日のみバスに乗るとか乗らないとか……。
 十分自転車圏内だと思うけど、行きは上り坂だからか、自転車という選択肢は挙がらなかった。

 朝は下りだったこともあり、傾斜のきつさをさほど感じることもなかった。けれど、上り始めて気づく。意外と傾斜のきつい坂であることに。
 少し歩いただけでも息が上がってしまうくらい。
「翠葉、大丈夫か?」
「大丈夫。でも、海斗くん、私と一緒だと無駄に時間かかっちゃうから先に帰っていいよ?」
「そんなの気にしなくていいのに。それに、こんなことで置いていったら栞ちゃんに怒られちゃうよ」
「そうなの……?」
「そうなの。藤宮において、湊ちゃんと栞ちゃんだけは敵にしないって決めてるんだ」
 それはどんな基準だろう。
「湊先生はわからなくもないけれど、栞さんはとても優しいよ?」
 言うと、後ろから違う声が割り込んだ。
「優しいがゆえに怒らせたら怖い人もいると思うけど?」
 人物確認をするまでもない。間違いなく司先輩だ。
 振り返る前に司先輩が横に並んだ。
「翠がここにいるってことは栞さんのところ?」
「はい。昨夜から」
「このあと、海斗もうちで勉強する予定だから気が向いたらどうぞ」
「司っ! いいこと言った! 翠葉、歓迎するよっ!」
 海斗くんは乗り気だ。乗り気というよりは同士を求める眼差しに見えなくもない。
「えぇと……。じゃ、お邪魔させていただきます」
 司先輩のスパルタを見てみたいような見たくないような……。
 若干複雑な心境。

 栞さんの家に帰るととてもいい香りがした。
「お昼ご飯すぐできるから」
 と、キッチンから栞さんが顔を覗かせた。
「はい」
 返事をするとすぐに客間で着替え、手洗いとうがいを済ませた。
 ダイニングテーブルにはすでにお皿が用意されていた。
 今日のお昼ご飯はシーフードチャーハンとワカメのスープ。
 栞さんの作るシーフードチャーハンは和風出汁が隠し味になっている。
 中華なのに和風の出汁を使うところがポイントで、どこかほっとする味に仕上がるのだ。
 またいつか、秋斗さんのところでお昼ご飯を作ることがあったら作ってみようかな?
 そういえば……今日は一日秋斗さんに会わなかった。
 今日が木曜日だから、あと一週間近くは会わないことになる。
「ちゃんとご飯食べてるかな……」
「蒼くんのこと?」
「いえ、秋斗さんです。お昼ご飯にコンビニのパンふたつしか食べないんですよ? びっくりしちゃいました」
「あらあら、翠葉ちゃんが蒼くん以外の人のことを考えるだなんて、少しは進歩ありかしら?」
 栞さんにクスクスと笑われる。
 そう言われてみると、あまり考えたことなかったかな、と思い返す。
 お昼を食べ終わると同時に携帯がメールを受信した。
 差出人は司先輩で、先に始めてるということと、部屋番号のお知らせだった。
 用件だけのメールに司先輩らしさを感じる。
「栞さん、司先輩と海斗くんのところでお勉強してきます」
「あら、湊の家?」
「はい。帰りに誘われたので」
「そう。いってらっしゃい」

 英語の教科書とノートを持ち、栞さんに見送られて隣の部屋のインターホンを押した。
 すぐにドアが開き、「どうぞ」と先日寝かされていた部屋へ通される。
 そこには、先日はなかったローテーブルが出されていて、すでに海斗くんが教材を広げていた。
 先輩はデスクの方で勉強をしているらしい。
「お邪魔します」
 と、海斗くんの向かいに座り、海斗くんの解いている練習問題を覗き見る。
 科目は数学。ぱっと見ただけでも癖のある問題ばかりが並んでいる。
「……意地悪な問題ばかりだね」
 声をかけると、
「だろ? 出題者の性格が滲み出てるだろ?」
 と、同意を求められた。
 それはもしかしてもしかしなくても司先輩が出題者、ということになるのだろうか……。
「……海斗くん、ファイト」
 何も言うまい、と口を閉ざしたのに、
「なんだったら翠にも作るけど? 英語とか古典とか」
 デスクチェアーに座っている司先輩がにこりと笑む。
「いえ……間に合ってます」
 私は何も聞かなかったことにして教科書を広げた。
 まずは単語と熟語からかな。それが終われば英文の暗記と訳の暗記――
 口にしては書く。それをひたすら繰り返すのみ。
 最初は単語や熟語だったのが、しだいに英文になるだけ。
 一時半から始め、五時を過ぎるころには粗方覚えることができた。
 これで、英語の試験範囲はカバーできているはず。
 あとは練習問題を解いて、その問題ごと丸暗記。
 ふと顔を上げると、海斗くんと目が合った。
「翠葉ってさ……一度集中すると周りの音も気配も、何も感知しなくなるのな?」
「え? ごめん、話しかけられてた?」
「うん、何度か……。でも、全然気づかないから耳栓でもしてんじゃないかと思った」
「うわぁ……ごめんっ。私、一度集中すると本当にだめみたいで……」
「いや、いいんだけどさ」
 そんな会話をして部屋を見渡すも、司先輩がいない。
「あれ? 司先輩は?」
「見るに見かねてコンビニに行った」
「何それ?」
 そんな話をしているところに司先輩が帰ってきた。
 手に持っている袋から何かを取り出すと、私の前にずいと差し出す。
「……飴?」
「……翠の集中力はすごいけど、何も摂取しないで頭使いすぎると、頭の疲労が取れなくなる」
 言いながら、飴の包みを開き口の中に放り込まれた。
 苺の香りがふわっとして、口の中に甘酸っぱい味が広がる。
 苺ミルク……?
「そんな頭の使い方するから太れないんだ」
 文句を零して、「これ食べながらやって」と残りの飴を押し付けられた。
 一連の流れを見ていた海斗くんが、「やれやれ」といった顔をする。
「人間ってさ、何に一番エネルギーを使うかっていったら考えることなんだって。だから、運動してなくても脳を使ってる人は太らないって説がある。実際、医学的根拠もある話らしい。だから、翠葉みたいな勉強の仕方をするなら甘い飲み物を飲みながらやるとか、何かしら糖分を補給しないと」
 と、説明してくれた。
「知らなかった……。海斗くん、説明ありがとうね。それから、司先輩、飴ありがとうございます」
 司先輩は椅子ごと振り返り、「どういたしまして」と答えるも、私のノートをまじまじと見る。
「その勉強法は間違ってると思う。学内テストを乗り切れても模試には対応できない」
 断言されて、「わかってます」と心の中で答える。
「それにつきましては後日対応策を練る心づもりで……」
 そんなふうに答えると、
「対策なら俺が練ろうか?」
 一瞬だけど、自分が捕食者に思えた。
 いや、もしかしたら含むところなんで何もなくてただ親切に言ってくれてるだけかもしれないし……。
 あれこれ思い直していると、
「司は厳しいけど、確かに教えるのはうまいし的確だよ」
 海斗くんに言われて、
「お手柔らかにお願いします」
 できるだけ丁寧に頭を下げると、
「了解」
 と、司先輩らしい了承のお返事をいただいた。
 少し怖かったので、笑っているかどうかの確認はしなかった。



Update:2009/06/21  改稿:2017/06/03



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover