光のもとでU

紫苑祭 二日目 Side 藤宮司 05話

 閉会式を終えると、俺が声をかける間もなく翠はいなくなった。ようやく姿を見つけたときには簾条たちとテラスへ続く階段を上っているところで――。
「翠葉ちゃんの怪我、そんなに悪くないのかもね? ダンスも踊れてたし」
 俺と同様に翠へ視線を向けていた優太に言われる。
 確かに、足を引き摺って歩いているようには見えなかったが……。
「そんなに心配なら早く着替えて迎えに行ってあげなよ、王子様っ!」
 バシ、と背中を思い切り叩かれ思わず咽る。
「……翠がワルツを踊れなかった際、どう繕うのか残りのメンバーで決めておいて。それと、翠はあまり大ごとにしたくないみたいだから、その辺も含めて話しておいてほしい」
「頼まれた。……でも、どっちにしろ司はフロアに出るようだろ?」
「…………」
「あ……まさか、朝陽あたりに王子役押し付けて翠葉ちゃんとばっくれるつもりだった?」
「…………」
「おいおいマジかよ……ったく抜け目ないよなぁ。ま、そんなことはさせないけど」
 優太はひとりで話を進め、
「翠葉ちゃんがヤキモキせずに済む相手で司と同等レベル踊れる相手っていったら、桃ちゃんかダンス部部長の唐沢嬢くらい? 桃ちゃんと司だと険悪ムード丸出しになりそうだから、スマートに踊ってくれそうな唐沢嬢のほうが無難かなぁ……。あ、風間発見。唐沢嬢の打診、仲介してもらってくるわ」
 優太は赤組の観覧席へ向かって走りだした。

 タキシードに着替えてテラスへ出ると、緊張した面持ちで向き合っている男女やハチマキの交換をしている人間がいた。
 そんな光景を見るのは初めてじゃない。でも、今までなら無関心に通り過ぎるだけで、何を思うでもなかった。
 ……人は、どんな言葉で気持ちを伝えるのだろう。
「好き」という言葉を口にするのに抵抗のある人間はいないものだろうか。
 俺は未だ「好き」という言葉を口にできていない。
 翠にその言葉を求められたことはないけれど、翠がそのことに対して何を思うこともないのかは不明。
 でも、できればまだそのことに触れずにいてほしい。
 もう少し、待ってほしい。
 ……もう少し、待って――?
 どこかで聞いたようなフレーズに立ち止まる。
 思い出すのに時間などかからない。それは翠が何度となく口にした言葉。
 ふと思う。
「好き」とも言えない俺が、翠を望むのはまだ早いのではないか、と。
 とても自分に都合のいい要求をしているのではないか、と。
 翠を求める気持ちばかりが加速するけれど、実際、俺はそんなことを望める位置には立っていないのではないか……。
「……だとしたら、いつになったら求められるようになるんだよ」
 まるで「好き」と言える気がしない自分に嫌気が差す。
 衝動のままに翠を求め得られたら、その勢いで「好き」と言えそうなものだけど、それはどう考えも順序が逆だ。
 そんなことを考えながら、夕方の風を左頬に受けてテラスを通り抜けた。

 二年A組の前へ来ると、見知った顔があった。
「そっか、藤宮は姫さんのお迎えか」
「朝霧は?」
「俺のパートナーもこのクラス。でも、安心しろよ。ファーストワルツは入場のとこからきっちり録ってやるからさ!」
 その言葉に思い出す。
 去年の紅葉祭でこいつにしてやられたことを。
「でもさ、姫さん大丈夫だったの? 俺、姫が落ちた階段脇に座ってたんだけど、結構豪快に落ちてたから」
 その場を見ていた人間には初めて会った。
「どんな落ち方したのか知りたいんだけど……」
「へ? 姫さんから聞いてないの?」
「…………」
「噂だと、人に押されて落ちたって話だけど、まさにそんな感じ。バランス悪く踊り場まで滑落しちゃった感じ。あの体勢だと足の脛を打ってるんじゃないかと思うんだけど、駆け寄ろうとしたら一年の生徒会メンバー……なんだっけ? 背の高いやつ」
「飛翔?」
「そうそう、そいつが駆け寄って抱き上げて移動しちゃったからさ、声かけることもできなかったんだ」
 青木と一緒にいたから何か知っているのかもしれないとは思っていたが、その場にいたとは知らなかった。
 このあと翠の口を割らせるつもりではいるが、それでも翠が話そうとしなければ飛翔から聞き出すか……。
「でもさ、おかしいんだ」
「……何が?」
「怪我したら普通は救護スペースへ連れて行くだろ? でも、姫さんたちは北側のステージ裏へ入ってったんだよね」
 っ……応急処置はしたって――まさか、自分たちで、手持ちのものでやったのか!?
「悪い、一件連絡入れさせて」
「どうぞ」

 場所を階段脇へ移し携帯を手に姉さんにかける。
「姉さん、今日、翠の怪我診た?」
『は? あの子怪我したの? 私、ついさっきまで救護スペースにいたけど来なかったわよ?』
「……階段から突き落とされて足を怪我してるっぽいからあとで診てほしいんだけど」
『階段から突き落とされてって何それ……っていうか、あんたタイミング悪いわよ……。私、怪我した生徒連れて病院に来てるわ』
 それ、俺がタイミング悪いのか?
『あぁでも、今日は楓が休み。マンションにいるだろうから楓に診てもらいなさい』
「わかった、連絡してみる」
 続けざまに兄さんへかけると、実に暢気な声が聞こえてきた。
『司から連絡なんて珍しい。どうかした?』
「翠が怪我をしたんだけど、帰宅したら診てもらえない?」
『お安い御用。そんなにひどいの?』
「……俺もまだ見てない」
『珍しい……っていうか、それ、見られるの拒否られてるの? それとも、そうそう見せられないような場所を怪我したって話?』
「……階段から突き落とされて足を怪我してるって話」
『足、ねぇ……。で? 見られるのを拒否られてるの?』
「…………」
 沈黙していると、兄さん側から煌がキャッキャと騒ぐ声が聞こえてきた。そして、
『なるほど。なら、相応の処置が必要な状態かもね。あの子、意外と我慢強いっていうか、平気な顔して無理する子だから』
 最初の平和そうな声が若干かげり、
『痛みが強そうなら強引にでも姉さんのところに――』
「姉さん、ほかの生徒連れて病院」
『あぁ、それで俺か……。納得した。帰り、迎えに行こうか?』
「いや、自分の警護班を動かすからいい」
『わかった。帰宅前にもう一度連絡ちょうだい。そしたら、俺がゲストルームを訪ねるよ。それから、ひとつ気になるんだけど、突き落とされたって何?』
「……詳しい話は俺もまだ知らない。ただ、俺とワルツを踊りたかったらしい女子に突き落とされたって話」
『ははぁ……。それでおまえは落ち込んでるんだ?』
 落ち込んでる……?
「どうして……?」
『だって、いつもなら無理やりにでも怪我の状態見るだろ? それすらできない程度には衝撃を受けたんじゃないの? ……ま、好きな子が自分のせいで怪我したともなれば、わからなくもないけれど……。そんな状況なら余計に翠葉ちゃんは見られたくないと思うんだろうし』
 言われるまでそんな精神状態は把握しておらず、言われたら言われたで図星でしかなく――。
『ま、足っていうなら、階段の上り下りくらいはうまくフォローしてあげな』
 そう言うと、通話は一方的に切られた。
 ……階段の上り下りなんてもうさせない。いやだと言われようが何しようが、絶対に俺が運ぶ――。

 息を弾ませた女子が階段を上がってきて翠のクラスへ入ると、
「翠葉ちゃーん、藤宮先輩が迎えに来てるよ!」
 そんな声が中から聞こえてきた。
 その直後に簾条が出てきたが、俺になんの文句も言わないところを見ると、まだ簾条は知らないのかもしれない。
 怪我が軽いならここまで隠さなくてもいい気がするし、怪我が軽いからこそ人に言うことではないと考えるのか。それとも、怪我の程度が重いからこそ人に知られることを避けているのか――。
 翠の気遣いレベルを考えると、どれもあり得そうで答えが定まらない。
 そんなことを考えているところに翠が出てきた。
 音もなくドアを開き、同じようにそっとドアを閉める。その姿は優美そのもの。
 ドレスは一緒に選んで知っていたが、実際に着ているところを見るのは初めてで――。
「御園生さん、超きれいっ!」
「なんていうか、美しいよな……」
「藤宮先輩羨ましいです!」
「おまえ、彼女いんじゃん」
「おまえだってっ!」
「いや、もうなんていうか彼女とは別でしょ。姫は観賞用」
 そんな数々の声を聞きつつ、エスコートに出遅れる程度には俺も見入っていた。
「お待たせしました……」
「どういたしまして」
 ようやく左手を差し出すと、恭しく右手が乗せられる。
「足は?」
「えぇと……」
「正直に話して」
「少し痛い……」
「本当に少し?」
「……だいぶ痛かったけれど、今はお薬が効いているのか、少しよりちょっと痛いくらい」
「踊れるの?」
「踊るよ」
 それまでより少し芯の強い声音に、
「強がり?」
 尋ねずにはいられなかった。
 翠はどこかいたずらじみた表情で、
「どちらかと言うなら負けず嫌い」
 と小さく口にした。

 階段に差し掛かる手前で足を止め翠を抱き上げる。と、
「わっ……運んでくれなくても大丈夫だよっ!?」
 まだ患部を見せてくれないのなら、
「階段の上り下りくらいは言うこと聞いてくれていいと思うんだけど」
 翠の目をじっと見つめると、翠は恥ずかしそうに目を伏せ首へ腕を回してくれた。さらには、いつか秋兄にしていたように身を預けてくれるから嬉しくて、翠を抱えるには不必要な力が腕にこもる。
 翠に過度な振動を伝えないよう、一歩一歩ゆっくり確実に足を運ぶ。
 たぶん、少しずつだけど着実に、翠のバリケードは緩んでいっている。しかし、越えられそうで越えられない障害物が、「最後の一歩こそ慎重に」と言っている気がしなくもない。
 三階から二階まで下り翠を廊下へ下ろすと、
「どうせなら一階まで下りてくれたらよかったのに……」
 思いもしない言葉に笑みが漏れる。
「それじゃつまらないだろ?」
 翠は不思議そうに首を傾げた。
「テラスから桜林館に入れば観覧席からフロアへ下りる際も横抱き確定。つまり、ペナルティーを負ってる人間には面白くない光景になると思うけど? いっそのこと、みんなの前で口付けようか?」
 これはたぶん、翠を突き落とした人間へ向けての制裁などではない。ただ、翠は俺のものだと誇示したいだけ。
 そんな俺の意図に少しも気づかない翠は、
「キスはだめ。それと、怪我したって思われるのも悔しいから抱っこもだめ。その代わり、怪我をしているだなんて思われないようなエスコートをして?」
 にこりと笑顔で無理難題を要求してくる。
 でも、「だめ」という言い方や仕草がかわいくて、さらにはねだり口調がかわいくて、
「負けず嫌いの過ぎる姫だな」
 俺は反論するどころか快諾してしまった。



Update:2016/10/20(改稿:2016/12/22)



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover