光のもとでU

好きな子の諦め方 Side 藤宮秋斗 02話

 再び雅とも通信がつながり、竜田を除いた社員全員が揃うと、改めて忘年会がスタートした。
 何が残念かというならば、ホテルで入手してきたうまい酒を雅に飲ませてやれないこと。
 ふと零すと、雅はにっこりと笑って自分が飲んでいる酒のボトルをカメラの前に翳す。
『こちらはこちらでおいしいシャンパンをいただいているのでおかまいなく』
「っ――ドンペリのプラチナ!?」
 蔵元の指摘に、雅は少し恥ずかしそうに笑みを浮かべた。
『自分へのご褒美に買っていたものです。まさか、今日開けることになるとは思いもしませんでしたけど』
 こんな具合に会話は進み、時に仕事の話を交えつつ新年を迎えようとしていた。
 酒に弱い唯は途中からソフトドリンクにシフトしたものの、蔵元と蒼樹はそこそこ酒が強いこともあり、ホテルから仕入れてきたボトルは半分以上が空になっていた。
 それでも、酒に飲まれて人格が変わったり、酔い潰れる人間がいないところがこの面子といったところだろうか。
 コンシェルジュの用意してくれたつまみがなくなると、唯がコンシェルジュから食材を調達してきて締めのお茶漬けを作ってくれた。
 それをディスプレイ越しに見ていた雅が、
『あ……それはちょっとずるいかも。私もそのお茶漬け食べたいです』
 などと零す。
「えっ、雅さんもお茶漬けとか食べるんですか?」
 まるで「意外」とでも言うかのように唯がたずねると、
『唯芹さん、どんな偏見です? 私だってお茶漬けくらい食べますっ』
 雅のちょっとした反撃に、唯は少したじろいだ。しかしすぐに態勢を整え、
「だって、たっかいシャンパンに、これまた高級そうなチョコ食ってる雅さんが、お茶漬け食べてるとこなんて想像できませんて……」
『それはそれ、これはこれ、です』
「はぁ、さいでっか……。あの、雅さんにひとつお願いがあるんですが……」
『なんでしょう?』
「『唯芹さん』はやめてもらえませんかね? どうにもこうにも慣れなくてむず痒い〜……」
 その場で悶えて見せると、
『でも、これが今の正式名称でしょう? 「御園生さん」では蒼樹さんと区別できませんし……』
「唯でいいです。唯って呼んでください」
『じゃあ、唯、さん……?』
 今度は慣れない呼び名に雅が戸惑っていた。そのとき、テレビからカウントダウンの時報が流れ始める。
 思わず、「三、二、一――」と男四人が声を揃えたのは、皆が相応に酔っていたからかもしれない。
 零時ぴったりに「ハッピーニューイヤー」と声をあげ、みんなで新年を祝う中、
『こちらはまだ三十一日ですけどね』
 疎外感を覚えたのか、ツンと澄ました雅はシャンパングラスを一気に呷った。

 少し前から蒼樹が翠葉ちゃんのバイタルを気にしていて、それが気になった俺はタブレットから彼女のデータにアクセスした。すると、十一時半前に一度、急激に血圧が下がっていた。しかしそれは短時間のことで、今は平常の数値まで回復している。
 もし何かあったとしても司が一緒なら問題はない。蒼樹もそう思っているからこそ、連絡は控えているのだろう。
 それに今は、警護班の内勤の人間も彼女のバイタルをチェックしているため、何かあって処置が遅れることはあり得ない。
 蒼樹もそのことは知っているが、それでも気になるのは筋金入りのシスコンゆえ、かな……。
 俺は何気ない素振りで彼女に電話をすることにした。
 俺と会話しているところを見れば、蒼樹も落ち着く。そう思ってのことだったのに――
 何がどうしてこんなことになったんだか……。

 電話に出た翠葉ちゃんは覚束ない口調で、「秋斗さん……?」と俺の名前を口にした。
 俺は何食わぬ顔で新年の挨拶をする。と、彼女らしい、とても丁寧な挨拶が返ってきた。しかし、声に張りがないというか、どこか不安定さを覚える声音に疑問を持つ。
 もともと彼女の状態を確認するために連絡したようなものだし、俺はかまわず踏み込んだ。
「翠葉ちゃん、なんか元気ない? 学校のみんなと過ごしてるんでしょう? その割には静かだし……」
 いくら携帯の性能が良くても、もう少し背後のざわめきを拾ってもおかしくないはず。なのに、室内にひとりでいるかのごとくの静けさだった。
『あ……えと、ちょっと前に少し具合が悪くなってしまって、佐野くんの自室で休ませてもらってたんです』
 なるほど……。
「そういえば、少し血圧下がってたもんね。もう大丈夫?」
 蒼樹を意識しての問いかけに彼女は、
『はい。ツカサが適切な処置をしてくれたので、もう大丈夫です』
 やっぱりか……。
 そう思いながらも会話を続けるための言葉を繰り出す。
「ってことは、今は司と一緒?」
 これを訊けば、蒼樹だって多少は安心できるだろう。
『え? あ、はい……』
 どうしたことか、不自然なほどに声は沈んでいた。
「なんかあった? 司にこっぴどく怒られたとか」
 そんな状況だって難なく想像できる。しかし彼女は何か思い立ったかのように声をあげ、俺が思いもしない内容を口にした。
『秋斗さん、婚約とか結婚って、お父さんやお母さんに相談しなくてもいいものなんですかっ?』
 彼女の高く通る声は、俺の会話を注視していた男三人の耳にも届いてしまう。
 みんなあんぐりと口を開けているし、俺も訊き返すことしかできなかった。
『あ、突然ごめんなさいっ』
 彼女の切羽詰まったような声が再度リビングに響く。
 俺ははじかれたように口を開いた。
「いや、いいんだけど……何? 司にプロポーズでもされた?」
 それはこの場にいる男全員が訊きたい――改め、問い質したい内容だろう。
 けれど、彼女は黙り込んでしまう。それは肯定したも同然。
 蔵元は口元を押さえて視線を逸らすし、唯と蒼樹は目をむく勢いで俺の会話に耳を傾けている。
「沈黙は肯定ね。……まずは質問の答えだけど、婚約するのも結婚するのも翠葉ちゃんだからね。返事をするのにとくにご両親の承諾を得る必要はないと思うよ」
 ただし、兄ふたりの承諾はどうしたって必要そうだけど……。
 そんなことを考えながら、俺の心には別のことが浮上していた。
 ここで彼女が色よい返事をしたら、俺の想いはどうなるのだろう――
 その思いは、まるで染みが広がるみたいにじわじわと心を侵食していく。
 今度こそ本当に諦め時……?
 そう思ったら無性にやるせなくなって、俺は煽るようなことを言い始めていた。
「でも、いいの?」
『え……?』
「司も翠葉ちゃんも、進学すれば新しい人間関係ができるでしょ?」
『はい……』
「そしたら、司以上に性格の合う人が現れるかもしれないよ?」
 これ以上は言うな。そう思うのに、俺の口は話すことをやめない。
「それは司にも同じことが言える。同じ学部で話の合う人間が現れたら――」
『そんなのやだっ――』
 彼女にしては珍しく、俺の言葉を遮っての拒絶だった。
 その後、彼女の声は聞こえなくなり、代わりに司の声が聞こえてくる。
『秋兄、今何を話した? 翠、泣きそうなんだけど』
 剣のある言い方をされても仕方ない。それだけのことをした。
 そう自覚していても、司の前で認めることはできず、
「そうだなぁ、起こり得る未来の話をしただけだよ」
 声が震えないよう、自分の心境を悟られないよう、なるべくゆっくりなんでもないことのように話す。
『内容は?』
「司も翠葉ちゃんも進学すれば新しい人間関係ができる。そしたら、司よりも性格の合う人が現れて、その人を好きになるかもしれないし、それは司にも同じことが――」
 すべて話す前に通話を切られた。
 正直、通話を切られて助かった気すらするけれど、このあと、司はありとあらゆる手を使って翠葉ちゃんを宥めるのだろう。そうして、彼女は司のプロポーズを受けるのだろうか。
 耐え切れずに目を瞑るも、見えるはずのないふたりの姿が脳裏に浮かぶ。
 トン、と肩に重みを感じ、力なく目を開けると、呆れ顔の蔵元が肩に手を載せていた。
「そんな顔をなさるくらいなら、どうしてあんなこと言ったんです?」
「どうして、だろう……」
 切なさややるせなさに耐え切れず言ってしまった、というのが正しいだろうか。
 そのあたりは定かではなく何も言えずにいると、
「でも、秋斗さんが言ったの一理ありますよねー? 司っちに関しては大学へ行ったところで今までのスタンスが変わるとは思えませんけど、リィに関しては芸大へ行けば話の合う友達は必然と増えるし、そこには当然男も含まれるわけで、今より世界が広がって、そこでリィが何をどんなふうに感じるかは未知数だ」
 唯に俺を慰める意図があったかは不明。でも、妙にフォローされている気がしてしまう。
 そして蒼樹には、
「先輩……もしかして翠葉に嫌われようとしてます?」
 言われてストンと胸に落ちるものがあった。
 あぁ、そうか……そうかも、みたいな感覚。
 嫌われてしまえば、そのときこそ諦められるのではないだろうか、と……。
「この中に好きな子の諦め方知ってる人いる?」
 情けなさ満載の声でたずねると、三人は顔を見合わせそれぞれの行動に出た。
 唯は両手で髪を掻き毟り、呆れたように話しだす。
「そんな方法知ってたら、俺は初恋を何年も拗らせたりしてませんよ」
 蒼樹は難しい顔で唸りながらこう言った。
「俺、桃華以前の好きな子に関してはそこまでの執着なかったんでなんとも言えないんですが、桃華を諦めなくちゃいけない状況になったらって考えても、そんな方法見つけられる気がしません」
 そして蔵元は、メンバーの中で一番難解そうな表情を見せながら、
「自分も蒼樹さんと同じく、ですかね。今の秋斗様ほど女性にぞっこんになったことがないので、そんな諦め方なんざ知りませんよ」
 そして三人は深くため息をつきながら、「初恋拗らせてますねー」と声を揃える。
「拗らせてる」という言葉が言いえて妙で、思わず半笑いになる。と、
『諦めようと思って諦められるのなら、誰も苦労しませんよ。そもそも、好意を持っているものから好感を殺ぐ行為は、当たり前のように心に反発されますし、確固たる意思で矯正できたとしても、それは本意ではないわけですから、いずれ歪みが生じます』
 凛とした声で淡々と語る雅は、変わりなく姿勢を正した状態でディスプレイに映っていた。
 ディスプレイにはテキストウィンドウも開かれており、電話の内容を中継する旨の文章が並んでいた。おそらくは唯が話を聞きながら雅に実況中継していたのだろう。
『秋斗さん、去年の夏の出来事を思い出してください』
 去年の夏……?
『去年の夏、翠葉さんが記憶をなくしたいきさつをよく思い出してください』
 その言葉に、きゅっと心臓が竦み上がる。
「あぁ、確かに……あんときと似た感じですね」
 唯の言葉に蒼樹と蔵元も頷く。
『秋斗さんらしくないことすると、また翠葉さんを傷つけてしまうのでは? それなら、好きなうちは好きでいればいいじゃないですか。だめなんですか? だめならば、どうしてだめなんです?』
 感情を言語化するよう促され、俺は考える。
 どうして……? どうして――それは、
「切なさややるせなさに身を切り刻まれる感じがどうしようもなく苦しくて……」
 情けなく零すと、
『切なさややるせなさ――それらは恋の醍醐味と言われています。存分に切り刻まれてください。その傷は、きっと何かを教えてくれるはずです。それに、苦しみは悪ではありません。苦しさを知っているからこそ優しくなれることもあります』
 雅の言葉には妙な重みがあった。
 苦しさを知っているからこそ、優しくなれる……? 本当に……?
『それから、今の秋斗さんは自分本位すぎますね。翠葉さんのことがそんなに好きで大切なら、彼女の幸せを願えるようにならなくては。唯さんから聞いた話ですと、司さんは常にそのスタンスだったのでしょう? その司さんと比べると、秋斗さんの想いはとても稚拙です。ご自覚なさってください』
 容赦のない言葉に冷静さを取り戻した俺は、去年の秋、司と藤山で話したときのことを思い出していた。
 あのとき、俺は彼女の幸せを、笑顔を願っていたというのに、今の俺ときたら――
「雅、ありがとう。ちょっと冷静になった気がする」
『大したことは話していません。ですが、自分が見えなくなったとき、今ここにいるメンバーを思い出していただければ幸いです』
 近くにいた三人に視線をめぐらせると、皆満足そうに頷いていた。
「締めのお茶漬け食べたけど、もっかい飲みなおします? 幸い、酒はまだ残ってることですし」
 唯の言葉に蔵元が動き、新しいボトルとグラスを持ってきた。そして、グラスを持たされ蒼樹にワインを注がれる。
「先輩、どのくらい飲んだら酔うんです? 付き合いますから、今日は酔うまで飲みましょう」
「酔い潰れて寝ちゃったら、布団くらいかけてあげますよ」
「そうですね。私たちは友人なのでしょう? そのくらいの面倒なら見て差し上げますよ」
 切なさの中に注がれた優しい気持ちを噛み締めながら、俺はグラスのワインを一気に飲み干した。
 寝て起きたら、彼女の幸せを願える男になっていたい。たとえ彼女の幸せが、俺と共にあるものでなかったとしても――



END

Update:2018/06/30

 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover