光のもとでU

笑った顔が見たくて Side 藤宮司 02話

 卒業式は何が滞ることなく終わり、学年主任の「卒業生退場」の号令で席を立つ。
 ひとつの儀式が終わった――そんな気持ちで歩いていくと、在校生の一列目に座っていた翠が目に飛び込んできた。
 手ぬぐいで目を押さえ、嵐が言ったとおりボロボロに泣いている。
 その姿を見て、一気に気が動転した。
 なんで泣いている……?
 たかだか高等部を卒業するだけで、どうしてそんな――
 そこまで考えて、去年の出来事を思い出す。
 俺にとっての大学入試と翠にとっての大学入試がまったく違う価値観だったのと同じで、俺にとっての卒業式と翠にとっての卒業式は、おそらく違う価値観なのだろう。
 その場合、ひとまず互いの価値観を話し合わなければならない。そのうえで、すり合わせ作業をするなり歩み寄るなりをしなければ、また翠を傷つけてしまう。
 前回と同じ轍は踏まないように――
 そう思いながら、俺は教室へと向かった。

 クラスでは記念撮影と称した撮影がところどころで行われていて、
「最後だからさ、みんなで撮ろうよ!」
 ケンの掛け声でみんなが教壇に集まるのを見ていると、スマホのセッティングが終わったケンに引っ張られてそこへ参加することとなる。
 その後、最後のホームルームを終えて昇降口へ向かうと、そこは在校生で溢れかえっていた。
「司、桃華から伝言。最後に生徒会メンバーで記念撮影するから、部での見送りが終わったら昇降口前に集合だって」
「了解」
「司、司っ! 弓道部あっちにいるって!」
 またしてもケンに引っ張られて昇降口を出る羽目になる。
 俺は翠を気にしながら弓道部の集まる場所へと向かった。

 弓道部の卒業生は十八名。在校生を合わせると五十八名と割と大所帯。
 ひとりの卒業生につき数名の在校生が色紙と花束を持って囲う。そしていくつか言葉を交わせば記念撮影となる。
 俺のところには現在の部長がやってきた。
「先輩は大学へ行かれても弓道を続けられるんですか?」
 期待に満ちたキラキラとした目で見られても、その期待に応えられる気はせず、
「まだ決めてない」
 と、明確な返事は避けた。
 大学へ行ったからといって弓道に時間が割けないことはないだろう。けれど、時間があるなら臨床データに目を通したいし、今まで以上に勉強へ身を投じたい思いがある。それなら、気が向いたときに道場へ足を運べばいい――
「もし先輩がインカレに行くことがあったら、自分絶対に応援に行きます! そのときは教えてくださいね!」
 素直で人好きのする小野田には悪いが、俺は「部」には属さない気がしていた。
「それと、たまには高等部にもいらっしゃってくださいね? 先輩に指導してもらいたい部員、多いんですよ!」
「あぁそれなら……顧問から正式に指導依頼が来てるから、週に一、二度は顔を出す予定」
「やったっ! 絶対ですよっ!? 待ってますからねっ!?」
 子犬にじゃれつかれているような気分でいると、「藤宮先輩っ」と複数の女子に声をかけられた。
 何かと思って振り向くと、どこから湧いて出たのか、と思うような人数の女子に囲まれていた。その手には封筒や色紙、花束などが抱えられている。中にはハサミを持った女子がいて、なんの用途で持っているのかが若干気になった。
「何……」
「「「「「ご卒業おめでとうございます」」」」」
 甲高い声で卒業を祝われ、面倒くさいものに捕まったと思った。
「あのっ、これっ、お手紙読んでくださいっ」
 そう言って差し出されたのは、いくつもの封筒が束ねられた膨大な手紙。
「それから、花束もっ」
 あちこちから様々なものを差し出されたが、そのどれを受け取るつもりもなかった。
 バレンタインのときのように机や下駄箱へ勝手に置いていかれるよりは全然いい。けれど、受け取るかどうかは別問題。
「申し訳ないけど、手紙も花束も受け取れない」
「どうしてですかっ!?」
「最後くらいお願いしますっ」
 あちこちから同様の声があがる。
「第一に、ひとつを受け取ったら全部を受け取らないといけなくなる。持って帰るのが面倒だし、手紙や色紙に目を通す時間が無駄にしか思えない」
 そもそも、名前と顔が一致しない人間からもらった手紙など、読む意味すら見いだせない。
「読んでいただけなくてもかまわないんですっ」
 そう言う人間もいたが、それこそ理解に苦しむ。
 渡せるだけでいいと言うなら、
「それ、自己満足って言わない? 渡される人間のことを考えていないなら、俺が君たちのことを考える必要もないと思う。何度も言ってきたけど、こういうの迷惑だから」
 言った途端に甲高い叫び声が上がる。
 それがどんな意味を持つものかも理解できない俺は、女子たちに背を向け歩き出した。
「おまえ最後まで辛辣な?」
 声をかけてきたのはケンだった。
「じゃ、代わりにケンが受け取れば?」
「……おまえってそういうやつだよなぁっ……わかってた……わかってたよっ! くっそっっっ!!! 朝陽から伝言。生徒会メンバー、集まりだしてるってさ」
「わかった」

 人ごみを掻き分け昇降口へ向かうと、人より頭ひとつ分背の高い飛翔の姿を見つけた。おそらくはそのあたりにいつものメンバーがいるのだろう。
 当たりをつけて数メートル近づくと、朝陽や優太、嵐の姿が見えた。
「これはもう、司にどうにかしてもらうしかないねぇ」
 そう言った朝陽の向こうにいたのは翠――
 しゃがみこんで泣いているように見えるけど、式が終わってからはだいぶ経つ。
 まさかずっと泣いていたのか……?
 まっすぐ翠に近づくと、自分の影が翠に落ち、翠がゆっくりと顔を上げた。
 それは見事に泣きはらした顔で、
「ひどい顔……」
 その言葉に萎縮したのか、翠は視線を落とした。けれど、足元に落としたとかそういうわけではなく、俺の制服をじっと見つめている。
 いったい何を見ているのか――
 疑問に思っていると、「ね?」と朝陽が翠に向かって片目を閉じて見せた。それは何かの合図のようで、翠はほんの少し笑みを見せた。
 意味がわからず朝陽に視線を向けると、
「司のかわいい彼女さんは、司が女の子たちから手紙や花束を受け取らないか、ボタンをむしり取られちゃうんじゃないかって不安に思ってたんだよ」
「そんなわけないだろ?」
 そんなこともわからないのか……。
 むしろ、そんなことを不安に思って泣いていたのだとしたら、いやみのひとつふたつ見舞わないと気が済まないんだけど……。
 翠はどんな顔をしたらいいのかわかりかねているのか、苦い笑みを浮かべては肩を竦めて見せた。



Update:2018/07/26



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓