光のもとでU

リクエストSS

お花見デート Side 藤宮司 04話

 食後、翠が用意してくれたコーヒーを飲んでいると、
「午後もハープ弾いてたほうがいい?」
「いや、翠の部分はほとんど描けたから、午後は好きに過ごしてもらってかまわない。ただ、俺の写真だけは先に撮ってもらっていい?」
「うん、いいよ」
 立ち上がる翠を前に思いついたことがあり、声より先に手が出た。
 手を掴まれた翠が振り返り、「ん?」と小首を傾げる。
「どうせなら翠も写れば?」
「え?」
「ハープは抱えててもどっちでもいいけど、ふたりで写ってる写真少ないし、セルフタイマーなら笑って写れるんだろ?」
「うん……」
「なら、これからは三脚使って写真も残していこう」
 なんとなしに口にした言葉だったが、翠は目に見えて嬉しそうな表情になる。そして、満面の笑みで、
「じゃ、カメラのセッティングだけしてくるっ!」
 と、スカートを翻していった。
 弾むように歩く翠の後ろ姿を見ていると、一歩踏み出した状態でこちらを振り返る。
「ツカサ、同じ場所から写真撮ろうとすると、絵が見えちゃう」
 困った顔に思わず笑みが漏れる。
「大丈夫。絵は見えないようにしてあるから」
 そう答えると、翠は首をかしげてイーゼルへ向かい、そっとキャンバスを覗き込んだ。
 翠は少し残念そうな顔をして、キャンバスをチラチラと気にしながら三脚を立てカメラのセッティングを始めた。
 設定が終わったのか、小走りで戻ってきた翠は、
「テスト写真! あと少しでシャッター落ちるよ」
 そう言った直後にシャッターが落ちる音がした。
 なんていうか、翠は立て膝の状態だし、カメラの方を見てすらいなかった。
 きょとんとした顔がおかしくて俺が笑うと、翠もおかしそうに笑う。
「セルフタイマーって何秒なの?」
「二秒と十秒しか選べないの」
「それなら、俺が押してくるほうがよくない?」
「お願いできる……?」
「かまわない」
 俺が立ち上がろうとすると、
「スマイルシャッターならどっちかが笑えばシャッター勝手に落ちてくれるんだけど……。今度、遠隔操作できるリモコン買おうかな?」
「それ、高いの?」
「ううん、そんなに高くない。それに、静さんからいただいている写真のお代、レッスン代以外ではほとんど使うことがないから、お小遣いにはあまり困っていないの」
 考えてみれば、翠の環境は俺と海斗とよく似ている。
 普段は学校とマンションの往復のみで、その間にはコンビニすらない。学校とマンションがとても近いため、友人と学校帰りにカフェに寄るということもできない。
 そこからすると、翠がお金を使うのは学校内で買うミネラルウォーター代くらいなものではないだろうか。
 一緒に買い物へ出かけても、翠が買うのはハープの弦と楽譜、本くらいで、必ず立ち寄る雑貨屋でも何かを購入することはほとんどない。
 今まで雑貨屋で購入したのは手ぬぐいとステーショナリーグッズくらいじゃないだろうか。
 あまり物欲がないのだろうか。
 そんなことを考えながらシャッターを押しに行く。
 ディスプレイに映し出された構図は、俺が描いている絵とは少し違うものだった。
 そこで、翠はこう切り取るんだな、と翠視点を意識する。
 メニュー画面からセルフタイマーを表示させシャッターを押すと、俺はすばやく翠のもとまで戻った。
 万全を期して撮影に臨んだわけだけど、今度の写り具合はいかがなものか。
 ふたり揃って確認に行くと、ディスプレイに映る翠は満面の笑みでカメラを見ていた。
 未だかつて、こんな笑顔で写っている写真は見たことがない。
「セルフタイマーだと本当に笑えるんだ?」
 翠はふふ、とはにかんで「そうみたい」と答えた。
 もう一度ディスプレイに視線を戻すと、翠の隣で穏やかな表情をしている自分に気づく。
 俺、翠と一緒にいるときはこんな顔してるんだな……。
「翠、これ、少し構図変えてもいい?」
「うん、いいよ。でもどうして?」
「自分の絵の構図と同じ写真を撮っておきたい」
「無人でいいの?」
「無人と有人の両方」
「じゃ、ツカサのいいようにして?」
 俺は自分の絵と同じ構図になるようにカメラをセットすると、そっとシャッターを押し写真に収める。
 翠の姿を探して振り返ると、翠は原っぱに腰を下ろし、にこにこと笑って俺を見ていた。
「有人の写真撮りたいからラグに戻って」
「了解!」
 翠がラグへ座ったのを確認すると改めて構図のチェックを済ませ、セルフタイマーをセットして翠のもとへ向かう。
 ラグに腰を下ろし翠の方を見ると、
「なんでこっち見てるの?」
 そんなの――
「翠がハープを弾いていたら、俺は翠を見てると思うんだけど」
「あ、なるほど……」
 そんな会話をしているうちにシャッターは落ちる。
 あとはカメラ目線の写真を何枚か撮ると、そのデータをもらうべく、画材を入れていたかばんとは別のかばんからノートパソコンを取り出す。
 データのコピーを済ませスマホへの転送を始めると、翠に袖をツンツン引っ張られ、
「私のにも送って?」
 とてもかわいくお願いされたので無言で了承する。
 転送が終わると、翠はラグに転がり何かアプリを立ち上げた。
「何それ」
「画像編集アプリ」
「何するの?」
「ちょっとね……」
 言いながらふたりで写っている写真を選択し、俺の部分を切り取り始める。その画像を保存すると、今度はスマホ本体の設定を始めた。
「できた!」
 そう言って見せられたのは、ホーム画面に設定された俺の写真だった。
「それ、俺のスマホでもやりたい」
「あ、ちょっと待ってね」
 そう言ってから数秒後。翠から画像が送られてきた。
 その画像を開いて一気に脱力する。
「あのさ、俺のスマホに俺の画像固定してどうするの……」
「えっと――」
「翠の写真をホーム画面に固定したいんだけど」
「あ、ハイ……」
 翠はとても気まずそうに画像編集アプリを立ち上げ、自分の写真を切り取り始めた。
 新たに転送されてきた写真をホーム画面に固定し、翠のスマホと並べる。と、想像したとおりのものができあがった。
 ふたつのスマホを並べて置くことで、一枚の写真のように見えるのだ。
 それに気づいた翠は「あっ」と声をあげ、
「これも写真に撮っていい?」
「どうぞ」
 翠はカメラに手を伸ばし、二枚の写真を撮ると満足そうにプレビュー画面を見始めた。
 俺は自分のスマホを手に取り、ディスプレイに映る翠を見て心が安らぐのを感じる。
 もちろん実物に勝るものはないけれど、これからはスマホを見るたびに翠の笑顔が見られるんだな――



Update:2018/09/22



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓