光のもとで

第02章 兄妹 11話

 日曜日、予想を裏切らずに熱を出した。
 熱といっても微熱の域を出ない。それでも、今日が日曜日で良かったと思う。
「昨日、午後はおとなしく休んでいたのに……」
「ここのところ、割と体調良かったし、どこかで転んでおくくらいがちょうどいいのよ」
 栞さんに言われて納得する。
「栞さん。そのテーブルに乗っているスズラン、いつものお礼です」
 ベッドの中でそう言うと、栞さんが視線を移す。
 昨日、学校帰りに蒼兄にお願いしてお花屋さんに寄ってもらったのだ。
 鉢植えのスズランを買いたくて。
「わぁ、嬉しい!」
 栞さんはスズランの近くまで行き、白く小さなお花に右手の人差し指で触れた。
「実はね、誕生日が五月一日で、誕生花がスズランなの」
「わぁ! すごい偶然! 少し前に学校でスズランが咲いていたのを見たんです。それを見て、栞さんみたいだなと思って」
「以心伝心とはちょっと違うけど、似たようなものよね?」
 ふたり顔を見合わせクスリと笑う。
 こういう偶然はなんだか嬉しい。
 スズランの花言葉が「幸せの再来」というのはお花屋さんで知ったこと。
 正に、栞さんが来てくれるようになってから幸せのオンパレード。
「明日は試合を見に行くのでしょう? ずっと寝てなさいとは言わないけれど、一時間起きたら一時間は横になりましょう」
 そう言って部屋を出ていった。
 出る間際にドアを閉められそうになって、
「あのっ、ドア……開けていてもらえますか?」
「ん?」
「この部屋……とても好きだけど、やっぱり……」
「……ひとりの空間って味気ないものね。掃除機かけたりするから少し騒々しいけどいい?」
「はい」
「じゃ、開けたままにしておくわ」
 そう言って、引き戸のドアを開けたままリビングへと戻った。
 今日は蒼兄も大学へ行っているし、両親が帰ってくるのは夜だという。
 家に誰もいないなら、部屋にひとりも仕方がない。でも、誰か人がいるのなら、その人の気配を感じていたい。

 ゆっくりと起き上がるとハープの前に座る。
 調弦を済ませ、日課のアルペジオの練習してから小曲に手をつける。
 音が柔らかい……。
 適度な乾燥が木に与える影響はとてもいい。
 湿度が高すぎると少し篭ったような抜けきらない音になるし、乾燥しすぎるとキンキンと角の立つ音になる。
 今日は音がクリアできれに響く、楽器のコンディションがとてもいい日。br />  ここ一ヶ月を思い出しながら、思うままに弾く。
 モチーフが思いついたら、忘れないうちに五線譜に記す。
 気持ちは面白いくらい曲へ反映される。
 今は楽しいことや嬉しいことばかりで、長調のフレーズしか出てこない。
 自分のわかりやすさを笑いながら、幸せに満ちたフレーズばかりを五線譜に記し続けた。

 言いつけどおり、一時間起きたら一時間休む。
 次の一時間は課題をやろう……。
 未履修分野の問題集はあと四冊弱。
 残っているのは英語と世界史、日本史、公民。見事に苦手科目ばかりが残っている。
 なんて正直なんだろうと思いつつ、仕方がないので横になりながら教科書に目を通した。
 教科書さえあれば問題なく解けるのだ。が、それでは試験は通らない。
 暗記して、実力で問題を解けない限り、テストの対策にはならない。だから、課題を提出するギリギリまで待ち、最後に詰め込もうというこの魂胆……。
 どこまでも苦手意識を地でいっている気がする。
 英語に関しては、最近少し前向きに取り組んでいる。
 それは、球技大会で海斗くんが教えてくれた英文がきっかけ。
 文法とかはやっぱり苦手。でも、格言を英語にしたものやことわざを英語にしたものを和訳英文セットで覚えることには面白さを見出すことができた。
 興味さえ持てれば取り組めるんだけどなぁ……。
 これは私の難点。興味を持たないものにはなかなか取り組む姿勢がとれない。
 でも、きっと誰も同じなんだろうな……。
 そんなふうに、一時間ごとのオンオフを繰り返していると、あっという間に日の沈む時間になった。

 そろそろ部屋の電気をつけよう。
 リモコンのボタンを押すと、ピッ、と電子音が鳴る。それと同時に違う音も鳴りだした。
 ローテーブルの上で主張し続けるのは、
「携帯……?」
 着信音がメアリーポピンズの「お砂糖ひとさじで」だからクラスメイト。
 ディスプレイを見ると桃華さんからだった。
「はい」
『翠葉、明日何時にどこにする? っていうか、家から近いってどのくらい近いの? 家まで迎えに行ってもいいわよ?』
「あ、本当に近くてね、徒歩三分で敷地内に入れちゃうの。それに、明日は蒼兄も行くって言っていたから、陸上競技場の入り口で大丈夫だよ」
『あら、本当に近いのね? それに蒼樹さんも一緒なら安心だわ。それ、佐野に言った?』
「ううん。内緒にしておこうと思って……。サプライズになるかな?」
『そうね。明日、会場で気づくくらいがちょうどいいんじゃないかしら? じゃぁ、八時五十分に陸上競技場の入り口でどう?』
「あっ、あのね、入り口が何ヶ所かあるんだけど、短距離を見るなら右側から二番目がいいの。だからそこでいい?」
『わかったわ。じゃ、明日ね』
 桃華さんは電話で長話はしない人。飛鳥ちゃんはそれなり。海斗くんや佐野くんも用件のみ。
 実のところ、私は相手の顔が見えない電話というものがとても苦手だ。だから、メールでのやり取りのほうが、気が楽だったりする。
 携帯にはテレビ電話なんて機能もついているけれど、自分にカメラを向けるのはもっと苦手。
 時々、お父さんやお母さんからその手の電話がくるけれど、どうしても慣れない。でも、お父さんとお母さんの顔が見られると嬉しいと思うのだから、少しげんきんだ。

 駐車場に車が入ってくる音がした。
 蒼兄かお母さんたちかな?
 しばらく待っていると、三人同時に帰ってきた。どうやら帰ってきたタイミングが同じだったみたい。
 栞さんとふたりで出迎えると、知らない人も一緒だった。
 両親の影にもうひとり、男の人――
 お客様? それともお仕事の人?
「やぁ、翠葉ちゃん。初めまして」
 男の人はにこりと笑みを浮かべた。
 年の頃は両親と同じくらい。
「翠葉、以前話したでしょう? 翠葉の写真を使いたいって言っている人がいるって。この人よ」
 お母さんにそのように紹介され、男の人が一歩前へ出た。
「ウィステリアホテルのオーナーをしている藤宮静ふじみやせいと申します」
 肩書きと名前というとてもシンプルな組み合わせなのに、どうしてか、とても丁寧に挨拶をされた気がした。
 きっとそれは、洗練された身のこなしが付随するからそう感じるのだろう。
「娘の翠葉です。父と母がいつもお世話になっています」
 言うと、後ろから栞さんが、
「玄関じゃなくてリビングに行かれたらどうですか?」
 両親に声をかける。
「静兄様、今日はこちらに泊まられるのでしょう?」
 え……? 今、静兄様って――
「お、翠葉の頭にクエスチョンマークがいっぱい浮かんでるな!」
 お父さんは笑いながら靴を脱ぎ、お母さんは私の背に手を添え、
「栞ちゃんの言うとおり、とりあえずはリビングへ行きましょう」

 栞さんがご飯の用意をてきぱきと済ませ、みんなでダイニングテーブルに着いた。
「じゃ、改めて紹介しよう。この人はね、栞ちゃんのお兄さんで父さんと母さんの同級生なんだ。でもって、今やっている仕事のオーナー、藤宮静さん」
 びっくりして蒼兄を振り仰ぐと、
「俺もさっき知ったんだよ」
 と、肩を竦めて見せた。
「この仕事が決まったとき、栞ちゃんを紹介してくれたのは静なのよ」
 お母さんが、「本当にいい人を紹介してもらったわ」と嬉しそうに言う。
 誰かの紹介であることは知っていたけれど、この人の――そうなんだ……。
「それにしても、蒼樹くんも格好いいけど、翠葉ちゃんはかわいいね。碧の高校のときと生き写しじゃないか」
「ほらほら、早く食べないとシチューが冷めますよっ!」
 栞さんの言葉に、みんながスプーンを手に持つ。
 今日は大好きなビーフシチュー。
 前回は具合が悪くて食べられなかったらから、今日はリクエストして作ってもらったのだ。
「相変わらず栞は料理がうまいな」
 言いながら、静さんもスプーンを口へ運ぶ。
 食べ方にすら気品を感じるのは気のせいだろうか……。
 あ、でも、ホテルのオーナーというのだから、そのくらいのスマートさは必要なのかもしれない。
「翠葉ちゃんの視線が痛いな」
「ごめんなさいっ」
 人をじっと見てしまうのは癖で、気づかないうちに観察をしているから、こればかりは直しようがない。
「いや、そのくらい見てくれてかまわない。仕事をしていくうえで、私がどんな人なのかを翠葉ちゃんの目で見極めてもらいたいからね」
 静さんはにこやかに笑うけれど、私は笑顔を返せない。
「仕事」という慣れない言葉に緊張を帯び始めていた。
「じゃ、ご飯が食べ終わったら静と翠葉は打ち合わせね」
「打ち合わせ……?」
「そう、お仕事の話。翠葉の部屋でいいんじゃない?」
「それは、私ひとりなの……?」
「そうよ。だって翠葉のお仕事だもの」
「翠葉、大丈夫だ。父さんたちはこっちにいるだけだから。何かあれば呼べばいいよ」
 お父さんにそう言われて、小さく頷いた。



Update:2009/05/25  改稿:2017/05/17



 ↓↓↓楽しんでいただけましたらポチっとお願いします↓↓↓


 ネット小説ランキング   恋愛遊牧民R+      


ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。


 ↓コメント書けます*↓

Copyright © 2009 Riruha* Library, All rights reserved.
a template by flower&clover